プレビュー

SAML および WS-Fed プロバイダーを使用した Azure AD B2B コラボレーションの直接フェデレーション

更新: 10月 21, 2019

直接フェデレーションにより、パートナーが使用している IT マネージド ID ソリューションが Azure AD ではない場合でも、そのパートナーと簡単に共同作業することができます。SAML または WS-Fed 標準をサポートしている ID システムと連携します。パートナーとの直接フェデレーション リレーションシップを設定すると、そのドメインから招待したすべての新規ゲスト ユーザーと、既存の組織アカウントを使用して共同作業することができます。これにより、ゲストのユーザー エクスペリエンスはさらにシームレスになります。直接フェデレーションにより、ゲスト ユーザーは組織のアカウントを使用してサインインすることができ、パートナー組織で実装済みのセキュリティ要件を満たすことができます。ゲスト ユーザーに対する追加のセキュリティ コントロール (多要素認証 (MFA) でのより強力な所有権の証明など) が実装されている場合は、それもゲスト ユーザーに適用されます。ゲストが組織を脱退した場合は、ゲストはリソースにアクセスできなくなります。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Azure Active Directory
  • Features
  • Security

Related Products