更新情報のアーカイブ

4月 2019 の毎月の更新情報

04/23

Public Preview: Resource Change History API

プレビュー

With the last 14 days of resource changes, the public preview of the new Change History capability within the Azure Resource Graph API enables you to find when changes were detected on an Azure Resource Manager property and see what properties changed as part of that change event.

  • Azure Resource Graph
04/23

Azure Active Directory のアクティビティ ログと Azure Monitor および Azure Monitor の Log Analytics の診断ログとの統合

提供中

Azure ストレージ アカウントに保存されている、優先する SIEM またはカスタム環境に送られる Azure AD ユーザー アクティビティ ログから分析情報を取得したり、Azure portal 内で Azure Monitor の Log Analytics と直接統合したりします。

  • Azure Active Directory (AD)
  • Security
04/22

Virtual WAN スケール ユニット名の変更

2019 年 6 月 1 日に、Virtual WAN スケール ユニットの測定名が変更されます。

  • Virtual WAN
04/22

Event Hubs Dedicated 容量ユニットのリソース GUID の変更

2019 年 6 月 1 日に、Azure Event Hubs Dedicated の測定 ID が変更されます。

04/22

Service Bus US Government リソース GUID と命名の影響

2019 年 6 月 1 日に、Service Bus の測定 ID と測定名が変更されます。

04/22

Service Bus Standard ベース ユニット名の変更

2019 年 6 月 1 日に、Service Bus Standard Base Unit Germany リソース GUID の計算単位が変更されます。

  • Service Bus
04/22

最新の Azure Batch が利用可能に

提供中

Azure Batch のこちらの最新の新機能と拡張機能を利用できるようになりました。

  • Batch
04/22

一般提供:新しい Azure Monitor アラート エクスペリエンスが Azure Government で利用可能に

提供中

新しい Azure Monitor アラート エクスペリエンスが Azure Government で利用できるようになりました。

  • Azure Monitor
  • アラート
04/22

一般提供:Azure 中国でコンテナーに対する Azure Monitor が利用可能に

提供中

Azure 中国でコンテナーに対する Azure Monitor の一般提供が開始されました。

  • Azure Monitor
  • Azure Kubernetes Service (AKS)
04/19

Azure の予約:予約を購入するための新しい体験と API

Azure の予約更新には、新しい購入の体験と API が含まれています。

04/19

一般提供:東日本の Azure Availability Zones

提供中

基幹アプリケーションのための高可用性ソリューションである Azure Availability Zones が東日本で一般提供されました。

04/19

Azure SQL Data Warehouse の予約容量価格の一般提供を開始

提供中

本日より、Azure SQL Data Warehouse 予約容量価格を使用して、既存および将来のクラスターのコンピューティング能力を予約できるようになりました。このオプションを利用すれば、最大 65% の cDWU 容量を節約できます。

  • Azure Synapse Analytics
04/19

Azure API Management の更新情報 (4 月 19 日)

Azure API Management の定期更新の最新情報をご覧ください。

  • API Management
04/19

Service Fabric Mesh のプレビュー - 開発中の機能に関する春の更新

開発中

Service Fabric Mesh のプレビューは、いくつかの新機能と、お寄せいただいたフィードバックに基づく改善によって、現在更新中です。

  • Service Fabric
04/18

Azure Traffic Manager で行われる Azure Cloud Services のエンドポイントの有効化、無効化、削除の自動実行を 2019 年 5 月 1 日に廃止

提供中

ターゲット可用性: Q2 2019

現在 Azure Traffic Manager では、クラウド サービスを開始、停止、または削除するときに、対応するエンドポイントを自動的に有効化、無効化、または削除することができます。ただしこのオプションは 2019 年 5 月 1 日に廃止されるため、それ以降はクラウド サービスを開始、停止、または削除する際に、Traffic Manager でプロファイル エンドポイントを手動で有効化、無効化、または削除する必要があります。エンドポイントを手動で無効化または削除しないと、エンドポイントに対する課金が継続されます。

  • Traffic Manager
  • Cloud Services
04/18

一般提供:中国リージョンでの Azure DNS

提供中

Azure 中国リージョンで Azure DNS の一般提供を開始しました。

  • Azure DNS
04/18

一般提供:Application Insights を新たに東アジアと米国東部 2 で提供

提供中

Azure Application Insights が東アジアと米国東部 2 で利用可能になりました。

  • Azure Monitor
  • Application Insights
04/18

Azure Automation Service Management REST API を 2020 年 1 月 30 日に廃止

Azure Automation Service Management REST API と Azure Automation 用 PowerShell コマンドレットは、2020 年 1 月 30 日までに Resource Manager REST API または最新の PowerShell コマンドレットに移行してください。

  • Automation
04/18

Managed Instance でのサーバー レベルの照合順序をグローバルに提供

提供中

Azure SQL Database Managed Instance では、アプリケーションの互換性をさらに高めるために、Azure Cloud に移行する必要がある既存のアプリケーションのニーズに合わせてサーバー レベルの照合順序を選択できるようになりました。これにより、サーバー レベルの既定の照合順序が設定された SQL Server インスタンスを使用していない既存のアプリケーションを Azure Cloud に移行する場合に、アプリケーションを変更する必要がなくなります。

04/17

Azure Container Registry でのシンギュラリティ イメージ ファイル (SIF) のサポートのプレビューを開始

プレビュー

OCI ディストリビューション ベースのコンテナー レジストリ仕様に基づく、Azure Container Registry へのシンギュラリティ イメージ ファイル (SIF) の格納のサポートのプレビューが開始されました。

  • Container Registry

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する