ナビゲーションをスキップする
プレビュー

Azure Storage: あらゆるリージョンの仮想ネットワークおよびサブネットからストレージ アカウントへの安全なアクセスのパブリック プレビュー開始

公開日: 12月 09, 2021

サブネットでストレージのサービス エンドポイントを有効にし、Azure ストレージ ファイアウォールを介してそのサブネットの仮想ネットワーク ルールを構成することで、お客様のストレージ アカウントへのアクセスを保護することができます。任意の Azure リージョン内の仮想ネットワークとサブネットからのアクセスを許可するように、お客様のストレージ アカウントを設定できるようになりました。既定では、サービス エンドポイントによって、仮想ネットワークから、仮想ネットワークと同じ Azure リージョンまたはそのペアの Azure リージョンにあるストレージ アカウントへの接続が有効にされます。このプレビューでは、お客様のサブネットを登録して、世界中のあらゆる Azure リージョンにあるストレージ アカウントに対してサービス エンドポイントの接続を許可することができます。

詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

  • ストレージ アカウント
  • Azure Blob Storage
  • Azure Data Lake Storage
  • Features
  • Security