Access Control Service の法的情報

最終更新:2018 年 9 月

2018 年 11 月 7 日の時点で、Microsoft は Access Control Service (ACS) の提供を終了し、更新もサポートも行われなくなります。Microsoft では、一部のお客様が代替のソリューションへの移行中、一時的に ACS を使用し続けることを希望していることを認識しています。ACS のライセンス契約に反する場合であっても、Microsoft は下記の追加の利用規約を条件として、引き続き ACS を使用するための一時的な権限を付与します。

以下の利用規約に同意しない場合、引き続き ACS をご利用いただくことはできません

  1. お客様は、自身の組織に以降の利用規約を義務付ける法的権利と権限を持っていることを表明し、保証するものとします。
  2. お客様は以下の点について理解し、同意されるものとします。
    • Microsoft は ACS の更新プログラム (定期的な更新プログラムを含む) またはサポートに関していかなる責任も負わず、サポートを提供しないものとします。関連する他のソフトウェアやサービスがアップグレードされるため、ソフトウェアまたはサービスとして ACS が適切に機能しなくなったり、壊れたりする可能性があります。
    • ACS の使用に関してはオンライン サービス利用規約の対象外となり、Microsoft には、あらゆるサービス レベル コミットメントを含む (それに限定されるわけではありません)、ACS に関連するオンライン サービス利用規約に適用される義務を満たすコミットメントはありません。
    • Microsoft は ACS を「現状有姿」で提供し、明示的暗黙的を問わず保証を行わず、一切お客様の責任で使用を継続するものとします。 Microsoft は ACS の提供をいつでも終了できるものとします。
    • Microsoft はお客様が ACS の使用を継続することに関連し、一切の責任を負いません。また、お客様が ACS を今後も使用するために生じる第三者からのすべての申し立てに関して Microsoft を保護し、免責するものとします。
  3. オンライン サービス利用規約または ACS に関して記述されている他のドキュメントに相反する点がある場合でも、2018 年 11 月 7 日以降、お客様は以下の事柄を理解し、同意されるものとします。
    • フロントエンドのトラフィックは、ACS データが格納されているリージョンとは別のリージョンにルーティングされる場合があります。
    • Microsoft は、次のようにお客様が以前に指定したリージョン以外のリージョンに名前空間構成データを格納できるものとします。
      現在データ ストレージが存在するリージョン 提供終了後のデータ ストレージが存在するリージョン
      オーストラリア東部、オーストラリア南東部 東アジア/東南アジア
      ブラジル南部 米国西部、米国東部、米国中北部、米国中南部
      欧州連合 (北ヨーロッパ/西ヨーロッパ) 影響なし
      東日本、西日本 東アジア/東南アジア
      米国東部 2、米国西部 2、米国中部、米国中西部 米国西部、米国東部、米国中北部、米国中南部
    • トラフィック ルーティングとストレージの場所の変更は、ACS パフォーマンスに悪影響を及ぼすことがあります。
    • ACS は 1 秒あたり 5 要求を超えて使用できないものとします。
    • ACS 名前空間は、(a) トークンのアクティビティがない状態が 1 週間たった後に自動的に無効になり、(b) 管理のアクティビティがない状態が 1 週間たった後に読み取り専用に変更されます。
  4. 本契約に関する前述の条件は Microsoft の機密情報です。本契約は、両当事者の間の同意全体であり、ここで取り上げられている事柄に関する以前および同時期に行われたすべての通信を統合するものとなります。これらの利用規約には連邦政府のワシントン州法が適用され、ACS に該当する既存のすべての条項が、本利用規約に矛盾しない範囲で参照により包含されるものとします。