マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項

Microsoft Authenticator

本ライセンス条項は、Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じてはその関連会社) とお客様との契約を構成します。以下のライセンス条項を注意してお読みください。本ライセンス条項は、上記のソフトウェアおよびソフトウェアが記録された媒体 (以下総称して「本ソフトウェア」といいます) に適用されます。また、本ライセンス条項は、本ソフトウェアに関連する以下のマイクロソフト製品にも適用されます。

  • 更新プログラム
  • 追加物
  • インターネット ベースのサービス
  • サポート サービス

ただし、これらの製品に他のライセンス条項が付属している場合には、当該ライセンス条項が適用されます。

本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本ライセンス条項に同意されたものとします。本ライセンス条項に同意されない場合、本ソフトウェアを使用することはできません。

本ライセンス条項を遵守することを条件として、お客様には以下の永続的な権利が許諾されます。

  1. インストールおよび使用の権利

    1. インストールおよび使用: お客様は、デバイスに本ソフトウェアの複製 1 部をインストールして使用することができます。
    2. 第三者のプログラム: 本ソフトウェアには、第三者ではなくマイクロソフトが本ライセンス条項に基づいてお客様に使用許諾する第三者のプログラムが含まれる場合があります。第三者のプログラムに関する注意事項が含まれている場合、情報提供のみを目的としています。
  2. インターネット ベースのサービス

    マイクロソフトは、本ソフトウェアについてインターネット ベースのサービスを提供します。マイクロソフトは随時このサービスを変更または中止することができます。お客様は、これらのサービスに害を及ぼす可能性のある方法、または第三者によるそのサービスの使用を妨げる方法で、これらのサービスを使用することはできません。また、サービス、データ、アカウント、またはネットワークへの不当なアクセスを試みるためにこれらのサービスを使用することは、方法を問わず一切禁止されています。
  3. ライセンスの適用範囲

    本ソフトウェアは使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。本ライセンス条項は、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を許諾します。その他の権利はすべてマイクロソフトが留保します。適用される法令によって本ライセンス条項の制限を超える権利が許諾される場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。お客様は、本ソフトウェアに組み込まれた使用方法を制限する技術的制限に従うものとします。お客様は、以下のことを行うことはできません。
    • 本ソフトウェアの技術的な制限を回避すること。
    • 本ソフトウェアのリバース エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルを行うこと。ただし、適用される法令により契約上の制限にもかかわらず明示的に認められている場合は、その範囲においてこの限りではありません。
    • 本ライセンス条項で規定された以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること。ただし、適用される法令において契約上の制限にもかかわらずさらに多くの部数の複製の作成が認められている場合は、当該法令において認められた数の複製を作成することができます。
    • 第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること。
    • 本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること。
    • 本ソフトウェアまたは本ライセンス条項を第三者に譲渡すること。
    • 本ソフトウェアを商用ソフトウェア ホスティング サービスで使用すること。
  4. バックアップ用の複製

    お客様は、本ソフトウェア媒体のバックアップ用の複製を 1 部作成することができます。この複製は、本ソフトウェアを再インストールする目的にのみ使用することができます。
  5. ドキュメント

    お客様のコンピューターまたは内部ネットワークへの有効なアクセス権を有する者は、お客様の内部使用目的に限り、ドキュメンテーションを複製して使用することができます。
  6. 輸出規制

    本ソフトウェアは米国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンド ユーザー、およびエンド ユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守しなければなりません。詳細については、www.microsoft.com/exporting を参照してください。
  7. サポート サービス

    本ソフトウェアは「現状有姿のまま」で提供されるため、マイクロソフトは本ソフトウェアに関してサポート サービスを提供しない場合があります。
  8. 完全合意

    本ライセンス条項ならびにお客様が使用する追加物、更新プログラム、インターネット ベースのサービスおよびサポート サービスに関する条項は、本ソフトウェアおよびサポート サービスについてのお客様とマイクロソフトとの間の完全なる合意です。
  9. 準拠法

    1. 米国: お客様が米国で本ソフトウェアを取得した場合、本ライセンス条項はワシントン州法を準拠法とし、本ライセンス条項の違反に対する申し立てには、抵触法にかかわらず、同法が適用されます。他のすべての申し立て (消費者保護法、不正競争防止法、および不法行為に基づくものを含みます) は、お客様が居住する地域の法律を準拠法とします。
    2. 米国以外: お客様が本ソフトウェアを米国以外の国で入手した場合は、当該地域の法律を準拠法とします。
  10. 法的効力

    本ライセンス条項は、一定の法的な権利を規定したものです。お客様は、地域または国によっては、その他の権利を有する場合があります。また、お客様が本ソフトウェアを取得した当事者に関する権利を有する場合もあります。お客様の地域または国の法律で当該法律に基づく権利の変更が認められない場合、本ライセンス条項によってそれらの権利が変更されることはありません。
  11. 保証の免責

    本ソフトウェアは「現状有姿のまま」で使用許諾されます。本ソフトウェアを使用することで生じるリスクは、お客様が負うものとします。マイクロソフトは、明示的な瑕疵担保責任または保証責任を一切負いません。法域や国によっては、本ライセンス条項によって変更することのできないその他の消費者としての権利または法定の保証が存在する場合があります。利用者の地域の法令によって認められる範囲において、マイクロソフトは、商品性、特定目的に対する適合性、および権利侵害の不存在に関する黙示の保証について責任を免れます。

    オーストラリア: お客様は、オーストラリアの消費者法に基づく法定の保証を有します。本ライセンス条項のいかなる規定もそれらの権利に影響を及ぼすものではありません。

  12. 損害賠償に関する制限および排除

    マイクロソフトおよびそのサプライヤーの責任は、5 米ドルを上限とする直接損害に限定されます。マイクロソフトは、派生的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、または付随的損害を含め、その他の損害について一切責任を負いません。

    この制限は以下に適用されます。

    • 本ソフトウェア、サービス、第三者のインターネット サイト上のコンテンツ (コードを含む)、または第三者のプログラムに関連した事項
    • 契約違反、保証違反、厳格責任、過失その他不法行為に関する請求 (適用される法令により認められる範囲において)

    この制限は、マイクロソフトがこのような損害の可能性を認識していたか、または認識しえた場合にも適用されます。また、国によっては付随的損害、派生的損害等またはその他の損害に対する責任の排除または制限を認めていないことがあるため、上記の制限または排除がお客様に適用されない場合があります。