Virtual Machines

Linux および Windows の仮想マシン (VM) を数秒で作成します。

ワークロードに適した VM を選択する

最大 128 個の vCPU と 6 TB のメモリを備えた仮想マシンをデプロイします。VM あたり最大 370 万ローカル ストレージ IOPS を発揮します。最大 30 Gbps のイーサネットと 100 Gbps の InfiniBand ネットワークを利用します。既存の Microsoft、Oracle、IBM、SAP アプリケーションの使用を継続したり、新しいアプリケーションを構築したり、Azure Marketplace にある事前にビルドされた何千ものアプリケーションの中から選択したりします。

Azure VM タイプの完全なリストを調査する

低コストで秒単位の課金によって予算を抑えられます。料金は使用したコンピューティング時間の分だけです。

VM Scale Sets を使用して、1 つの VM インスタンスから何千もの VM インスタンスに数分でスケーリングします。

機密データの暗号化、悪意のある脅威からの VM の保護、ネットワーク トラフィックのセキュリティ保護、法的要件とコンプライアンス要件への対応が可能です。

Linux か Windows をお選びください。 独自の VM イメージをデプロイすることも、Azure Marketplace からイメージをダウンロードすることもできます。

インフラストラクチャを最適化してコストを削減する

Azure Reserved Virtual Machine Instances (RI) を通した期間価格設定を使用して、従量課金制と比較してコストを最大 72% 削減します。Azure ハイブリッド特典を使用して、お持ちのオンプレミス ライセンスを Azure で Windows Server VM を実行するために再利用し、RI と Azure ハイブリッド特典を組み合わせて最大 80% を節約します。優先度の低い VM またはバースト対応 VM を使用し、Azure Cost Management を使用して支出を連続的に削減します。Azure に移行すると、Windows Server 2008 および 2008 R2 の無料のセキュリティ更新プログラムがさらに 3 年間延長されます。

Azure が Windows Server 向けの最もコスト効率の良いクラウドである理由を調べる

VM 環境を管理、監視、バックアップする

Azure Blueprints を使用して、コンプライアンスを保証し、会社全体でより迅速にアプリケーションを運用環境にデプロイします。Azure Advisor を使用して、すべての VM の高可用性、セキュリティ、パフォーマンス、コストに関する推奨事項を取得します。Azure Backup を使用して、ランサムウェアからデータを保護します。Azure Monitor を使用して、事前に問題を特定し、インテリジェントな分析情報を入手します。

リソースを Azure Policy で制御

一貫性のあるハイブリッド クラウド テクノロジの利用

Azure VM を使用してデータ センターの容量を拡張し、クラウドにある高性能コンピューティング機能にオンデマンドでアクセスします。Azure とオンプレミス環境で一貫した方法で、ハイブリッド クラウド アプリケーションを開発、テスト、実行、運用します。Azure で開発し、Azure Stack を使用してオンプレミスでデプロイすれば、VM の規制要件とポリシー要件を満たせます。

Azure Stack の詳細

複雑さを増すことなくインフラストラクチャをスケーリングする

計算量が多く、ビッグ データを使用するコンテナー ワークロードのために、可用性が高く、集中管理でき、スケーラブルなサービスを、仮想マシン スケール セットを使用してセットアップします。エフェメラル OS ディスクを使用して、ステートレス アプリケーションのために VM を再イメージ化するコストと時間を削減します。Shared Image Gallery を使用して、イメージのグローバル レプリケーションと共有を大規模に管理します。第 2 世代 VM を使用して、起動とインストールの時間を短縮します。GPU 対応の VM を使用して、人工知能 (AI) やリモート視覚化のワークロード用に桁外れのコンピューティング能力を利用します。

Azure 上のハイ パフォーマンス コンピューティングに関する詳細を確認する

セキュリティとコンプライアンスの強化

Azure Confidential Computing を使用して、使用中の仮想マシン データを保護します。Azure Security Center を使用して、ワークロードを監視し、脆弱性を検出して修正します。一般データ保護規則 (GDPR)、ISO 27001、HIPAA、FedRAMP、SOC 2 など、業界特有の国際的なコンプライアンス標準の幅広いセットに準拠します。Azure VM を、お客様の組織専用の物理サーバーである Azure Dedicated Host 上にデプロイします。幅広い VM SLA を利用できます。単一インスタンス VM の 99.9% から始まって、2 つ以上の Azure Availability Zones にまたがってデプロイされた VM の場合は 99.99% にまで至ります。

VM の保護に関する詳細を確認する

手頃な価格で必要な機能を利用し、制御し、カスタマイズする

バースト対応 VM—B1S

最も経済的

B シリーズの VM では、通常は CPU をあまり使用しないものの、ワークロードの増加への対応のため一時的な拡張が必要になることのあるワークロード向けに、経済的で低コストのソリューションを実現できます。12 か月間無料です。

コンピューティングの最適化—Fsv2

仕様どおりのコンピューティング能力

Fsv2 は、Intel Skylake プロセッサを使用した最新のコンピューティング最適化 VM ファミリです。Fsv2 には、理論上のコンピューティング能力を発揮するため最新の Intel CPU が搭載されています。

汎用—Dv3

バランスの良い CPU とメモリ

Dv3 ファミリは、最新世代の汎用 VM です。さまざまなワークロードに適しています。

メモリの最適化—Ev3

高メモリ/コア比

Ev3 は、最新世代のメモリ最適化 VM です。 リレーショナル データベース サーバー、キャッシュ、およびメモリ内分析に適しています。

詳細については、Windows VM と Linux VM の価格設定ページにアクセスし、この料金計算ツールを使用して、Azure VM のコストを構成して見積もります。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

無制限のコンピューティング能力を使用したがん研究の加速化

BC Cancer は、オンプレミス データ センターを補完するために Azure を使用し、データ処理時間を 7 日からたった 2 日に短縮しました。

事例を見る

BC Cancer

災害時の緊急更新へのアクセスの保証

東京工科大学は、緊急ニュース サイトを Azure に移行して、予期せぬアクセス急増時にも安定したパフォーマンスを提供できるようにしました。

事例を見る

The University of Tokyo

機械学習を使用した較正速度の向上

スコットランドのエネルギー サービス企業である Wood が Azure を使用して、メーター較正時間を 80% 削減した方法をご確認ください。

事例を見る

Wood

大規模なハイブリッド ソースからのデータの統合

Adobe は、Azure Data Lake Store と、Azure のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) オファリング (Azure Virtual Machines など) を使用して、自社のデータ レイクを構築しました。

事例を見る

Adobe

機器の予測メンテナンスの実現

Toyota Material Handling は、クラウドを使用して、自社の技術者がより確実にジョブ サイトに到達し、そこで必要な技術情報に即時アクセスできるようにしました。

事例を見る

Toyota

セキュリティで保護されたリアルタイム データを使用した医療の改革

Oculys は、Azure を使用して、患者のプライバシーの最高の基準を維持しながら、リーダーとチームを病院の運用の現場に接続しました。

事例を見る

Oculys

手軽に VM で作業開始

無料の Azure アカウントにサインアップすることで、すぐにアクセスできるようになり、$200 クレジットを獲得できます。

5 分間のクイックスタート チュートリアルと、WindowsLinux 用のドキュメントを使用して、VM を初めてプロビジョニングする方法を学習してください。

セキュリティバックアップ サービスなどの追加の機能や製品を使用して VM を強化します。

ドキュメント、トレーニング、移行のリソース

5 分間のクイックスタート

Linux

以下を使用して、Ubuntu VM 内で NGINX Web サーバーを構築します。

Windows

以下を使用して、Windows Server 2016 VM 内で IIS Web サーバーを構築します。

学習モジュール

Microsoft Learn のステップ バイ ステップ ガイダンスを使用して、Azure 上での VM のプロビジョニング方法をご確認ください。

Azure への移行

これらの無料のリソースを使用して、コストを管理し、アプリ、データ、インフラストラクチャを移行します。

コミュニティと Azure のサポート

Microsoft のエンジニアや Azure コミュニティのエキスパートに質問して回答をもらいましょう。

事前にプロビジョニングされた VM とパートナー ソリューション

認定パートナーと連絡をとって、何千ものアプリと VM イメージの中から選択します。

Azure Virtual Machines の更新プログラム、ブログ、お知らせ

  • Azure Virtual Machines は、オンデマンドでスケーラブルなコンピューティング リソースを使用量ベースの料金で提供するイメージ サービス インスタンスです。

    さらに広く見れば、仮想マシンはサーバーと同様に動作します。仮想マシンは、コンピューター内部のコンピューターであり、ホスト オペレーティング システム自体で経験するのと同じエクスペリエンスをユーザーに提供します。通常、仮想マシンはシステムの他の部分からサンドボックスで保護されるため、仮想マシン内のソフトウェアが基になるサーバー自体から外に出たり、それを改ざんしたりすることはできません。

    各仮想マシンは、CPU、メモリ、ハード ドライブ、ネットワーク インターフェイス、他のデバイスなど、独自の仮想ハードウェアを提供します。

  • Azure での動作保証済みの LinuxWindows Server のバージョンを含む、さまざまなゲスト オペレーティング システムを Azure に移行することができます。Azure Site Recovery を使用して、VMware 環境Microsoft Hyper-V 環境から物理サーバーまたは仮想マシンを移行します。これらのオンプレミス仮想化プラットフォームから移行された VM は、ネイティブな Azure のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) VM として動作し、オンプレミス ハイパーバイザーに依存しません。

  • vCPU は仮想中央処理装置の略です。vCPU は、仮想マシンに割り当てられた物理 CPU の持ち分のことです。1 つの Azure VM に 1 つ以上の vCPU を含めることができます。

  • 一部の Azure Virtual Machines はハイパースレッディングをサポートします。ハイパースレッディングは、x86 マイクロプロセッサ上で実行される計算の並列処理を向上させます。物理プロセッサ コアごとに、オペレーティング システムが 2 つの仮想コアを割り当てて、それらの間でワークロードを共有します。ハイパースレッディングをサポートする Azure VM のリストは、Azure Virtual Machines のドキュメントで入手できます。

  • さまざまな Windows Server バージョンに加えて、Azure は、すべてのメジャーな Linux ディストリビューションをサポートします。これには、Red Hat Enterprise Linux、CentOS、CoreOS、Debian、Oracle Linux、SUSE Linux Enterprise、openSUSE、Ubuntu が含まれます。

  • Azure は、さまざまな仮想マシンを提供します。どのワークロードにも、それに適した VM が見つかります。詳細を確認するには、Azure Virtual Machines シリーズのセット全体を調べるか、Linux VM または Windows VM に関するドキュメントを参照してください。

  • Azure VM 技術文書ページAzure VM シリーズ ページAzure VM 料金計算ツールは、VM ニーズの特定に役立つ優れたリソースです。

  • Azure コンピューティング ユニット (ACU) の概念は、Azure VM サイズ全体の計算 (CPU) 性能を比較する手段を提供します。これにより、どの Azure VM が最もよくパフォーマンス要件を満たすかを簡単に特定できます。現在、ACU は Small (Standard_A1) VM を 100 として標準化されており、それより高い数値はその製品が標準ベンチマークをどのくらい速く実行できるかを表します。

  • オンプレミス VM の Azure への移行を支援する Microsoft やパートナーの複数のツールや、パートナーの大規模エコシステムが存在します。詳しくは Azure Migration Center でご確認ください。

  • 可用性セットは、それに配置された VM リソースが Azure データセンター内にデプロイされるときに互いに分離されることを保証するための論理グループ化機能です。

    Azure では、可用性セット内に配置された VM は、複数の物理サーバー、コンピューティング ラック、ストレージ ユニット、ネットワーク スイッチ間で実行されます。

    ハードウェアまたは Azure ソフトウェアで障害が発生した場合は、VM のサブセットのみが影響を受けます。可用性セットは、信頼性の高いクラウド ソリューションの構築に不可欠な機能です。アプリケーションが冗長性を持てるようにするには、可用性セット内に 2 つ以上の仮想マシンをグループ化することをお勧めします。

    • 同じ Azure リージョンの 2 つ以上の可用性ゾーンに 2 つ以上のインスタンスがデプロイされたすべての VM では、最低 99.99% の時間、最低 1 つのインスタンスへの VM 接続が保証されます。
    • 2 つ以上のインスタンスが同じ可用性セットにデプロイされたすべての VM の場合は、少なくとも 1 つのインスタンスとの仮想マシン接続が 99.95% 以上の時間で保証されます。
    • すべてのオペレーティング システム ディスクとデータ ディスクに Premium ストレージを使用する単一インスタンス VM では、最低 99.9% で VM 接続が保証されます。

    Azure VM SLA に関する詳細は、ここでご確認ください。

  • ほとんどの Azure VM に一時的な非永続的ローカル ストレージが付属しています。加えて、Azure は、データ用として HDD ベースと SSD ベースのディスク ストレージを提供します。Azure マネージド ディスク ストレージ ポートフォリオで詳細をご確認ください。各 VM シリーズに使用可能な Azure ディスクの詳細については、Azure VM 技術文書 (Linux VMWindows VM) を参照してください。

  • ワークロードを Azure に移行するときに、Azure ハイブリッド特典を使用して、既存の Windows Server ライセンスとソフトウェア アシュアランスまたは Windows Server サブスクリプションを再利用することにより、大幅な節約が可能になります。ライセンスごとに最大 2 台の仮想マシンの OS のコストを Azure が負担するため、お客様が支払うのは基本コンピューティング VM 料金のみです。

  • Virtual Machine Scale Sets では、負荷分散と自動スケーリングが行われる同一の VM のグループを作成して管理できます。Virtual Machine Scale Sets は、Azure Resource Manager テンプレートを使用してデプロイできます。これによって、Windows と Linux のプラットフォーム イメージ、カスタム イメージ、拡張機能がサポートされます。

  • もちろんです。Azure の無料アカウントを作成して、Azure の実際の動作を確認したり、製品やクラウド サービスを試用したりすることができます。初めてのソリューションを 10 分もかけずにデプロイする方法についてのチュートリアルもご覧いただけます。ぜひご参加ください

  • セキュリティとプライバシーは、Azure のプラットフォームに組み込まれています。Microsoft は、他のどのクラウド サービス プロバイダーよりも広範囲にわたるコンプライアンス認証で、最高水準の信頼性、透明性、標準準拠、法令遵守を提供できるよう努めています。詳細情報

  • 初期費用はかかりません。お支払いの対象となるのは、ご利用いただいた分だけです。あらゆるクラウド シナリオに対応するため、Azure には購入と価格に関して柔軟なオプションが用意されています。Azure ハイブリッド特典や、Azure Reserved Virtual Machine Instances などです。また、Azure は、クラウド支出の管理を支援するための包括的なツールのセットも提供します。詳細情報

  • Azure は、一貫性を備えた唯一のハイブリッド クラウドで、リージョン数は他のどのクラウド プロバイダーよりも多く、圧倒的な生産性を開発者に提供します。また、コンプライアンスに対応できる範囲も広く、一般データ保護規則 (GDPR) の要件も含め、さまざまな法令に準拠しています。比較: Azure と」をご覧ください。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。