ナビゲーションをスキップする

Azure Kubernetes Service (AKS)

Kubernetes の管理、デプロイ、操作をシンプルに。

フル マネージドの Kubernetes コンテナー オーケストレーション サービスをぜひご利用ください。

AKS ビデオで詳細を見る

Azure Kubernetes Service (AKS) により、どのように Kubernetes のデプロイと運用が簡素化され、信頼できて俊敏なアプリケーション インフラストラクチャを動的にスケーリングできるようになるかを学習します。

Kubernetes を容易にデプロイして管理

Azure Resource Manager や Terraform などの "コードとしてのインフラストラクチャ" ツール、または Azure portal と Azure CLI を使用することで、クラスターのプロビジョニングを容易に行えます。アップグレードとスケーリングを自動化して、クラスターのメンテナンスを簡略化できます。AKS クラスター向けに自動構成され Azure portal 上に表示されるコントロール プレーンのテレメトリ、ログ集計、およびコンテナーの正常性を活用して、マネージド Kubernetes 環境の運用状況を視認できます。

アプリケーションを確実にスケーリングし実行する

組み込みのアプリケーション自動スケーリングで要求の増加に対応します。AKS では、コンテナー化されたアプリケーションをグローバルにデプロイして、Azure データセンターをご活用いただけます。Azure Traffic Manager を使ってトラフィックを最も近いリージョンにルーティングすることで、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。Virtual Kubelet (プレビュー) がサポートされているため、トラフィックが急激に増加した際に、Azure Container Instances を使って AKS クラスターからエラスティックなバーストを行えます。

お客様の Kubernetes 環境をセキュリティ保護

Azure Active Directory のアカウントとユーザー グループを使用して、Kubernetes クラスターへのアクセスを制御できます。Kubernetes リソースをきめ細かく制御するには、Azure Active Directory を Kubernetes のロールベースのアクセス制御と統合します。Key Vault を使用すれば、Kubernetes のマスター ノードとエージェント ノードで使用される暗号化キーやその他のシークレットを保護できます。お客様のコンテナー ネットワーク通信は、カスタム仮想ネットワーク、Azure コンテナー ネットワーク インターフェイス (CNI)、ネットワーク ポリシーの適用によってセキュリティ保護されます。

コンテナー化されたアプリケーション開発の高速化

開発用マシンの設定を最小限に抑えて開始できます。Helm を使用すれば、最も複雑な Kubernetes アプリケーションでさえ定義、インストール、アップグレードに手間がかかりません。そのうえ、アプリケーションのスキャフォールディングとコンテナー化を自動で行えます。Azure Dev Spaces と共に、Visual Studio、Visual Studio Code、Azure CLI のいずれかを使って、コンテナーを反復的に開発、テスト、デバッグできます。依存関係をレプリケートしたり、モックアップしたりしなくても、AKS クラスターを共有し、共同で作業可能です。組み込みの HTTP ルーティングによるアプリのデプロイは数秒で完了します。

オープンソースのツールと API で作業が思いどおりに

AKS は完全なオープンソース Kubernetes であり、Kubernetes エコシステムのサービスとツールを最大限ご活用いただけます。Helm、Draft、Brigade といった人気のオープンソース ツールを使って、ソフトウェア デリバリー パイプラインを自動化できます。Open Service Broker for Azure を使用すれば、SLA で保証された Azure サービス (例: CosmosDB) と Kubernetes を統合することも容易です。

わずか数回のクリックで CI/CD を設定

Azure DevOps Project (プレビュー) なら、わずか 3 つのステップでアプリケーションを Kubernetes にインストールできます。このとき、完全な CI/CD パイプラインとアプリのテレメトリも構成されます。コンテナー開発の簡素化と、複数のリージョンにレプリケートされた 1 つのレジストリの管理を行うために、Azure Container Registry をご利用いただけます。Azure Container Registry の geo レプリケーションによって、グローバルなデプロイを 1 つのエンティティとして管理できるため、運用と管理が簡素化されます。

書籍『Designing Distributed Systems (分散システムの設計)』のカバー

無料電子書籍: 『Designing Distributed Systems (分散システムの設計)』

繰り返し使用できる汎用パターンと再利用可能なコンポーネントにより、どのように分散システムの開発がより簡単かつ効率的になり、お客様が開発に専念できるようになるのかを説明しています。Microsoft の主任エンジニアであり、Kubernetes プロジェクトの共同創設者である Brendan Burns による O’Reilly の電子書籍は無料で入手できます。

電子書籍をダウンロードする

Azure Kubernetes Service を使用しているお客様

Azure Kubernetes Service の一般的なシナリオ

既存のアプリケーションの簡単な移行

Easily migrate existing applicationEasily migrate existing application12345
  1. 概要
  2. フロー

既存のアプリケーションをコンテナーに簡単に移行して、Azure マネージド Kubernetes サービス (AKS) 内で実行できます。Azure Active Directory との統合を通じてアクセスを制御できます。また、OSBA (Open Service Broker for Azure) を使用することで、データのニーズに合わせて、SLA で保証された Azure サービス (Azure Database for MySQL など) にアクセスできます。

  1. 1 ユーザーは、既存のアプリケーションをコンテナーに変換し、Azure Container Registry にコンテナー イメージを発行します
  2. 2 Azure Portal またはコマンド ラインを使用して、ユーザーは AKS クラスターにコンテナーをデプロイします
  3. 3 AKS リソースへのアクセスを制御するには、Azure Active Directory を使用します
  4. 4 OSBA (Opensource Broker for Azure) を使用すれば、SLA で保証された Azure サービス (Azure Database for MySQL など) に簡単にアクセスできます
  5. 5 必要に応じて、VNET 仮想ネットワークで AKS をデプロイできます

アプリケーションに基づいてマイクロサービスのデプロイと管理を簡略化

Simplify the deployment and management of Microservices based applicationsSimplify the deployment and management of Microservices based applications12345567778
  1. 概要
  2. フロー

AKS を使用して、アーキテクチャに基づいてマイクロサービスのデプロイと管理を簡略化します。水平スケーリング、自己復旧、負荷分散、シークレット管理が AKS によって効率化されます。

  1. 1 開発者は Visual Studio などの IDE を使用して、Github に変更をコミットします
  2. 2 Github により、VSTS で新しいビルドがトリガーされます
  3. 3 VSTS によって、コンテナーとしてマイクロサービスがパッケージ化され、Azure Container Registry にプッシュされます
  4. 4 コンテナーは AKS クラスターにデプロイされます
  5. 5 ユーザーはアプリと Web サイトを介してサービスにアクセスします
  6. 6 Azure Active Directory は、リソースに安全にアクセスするために使用されます
  7. 7 マイクロサービスではデータベースを使用して、情報を格納し、取得します
  8. 8 管理者は別の管理ポータルを介してアクセスします

AKS と ACI を使用した容易なスケーリング

Scale with ease using AKS and ACIScale with ease using AKS and ACI112233334444
  1. 概要
  2. フロー

ACI コネクタを使用すれば、数秒で開始されるポッドを ACI 内にプロビジョニングできます。そのため、AKS は平均的なワークロードにちょうど十分な容量で実行されます。AKS クラスターの容量が不足したら、管理の必要なサーバーを追加することなく、ACI で追加のポッドをスケールアウトできます。

  1. 1 ユーザーが Azure Container Registry にコンテナーを登録
  2. 2 コンテナー イメージが Azure Container Registry からプルされる
  3. 3 Virtual Kubelet の実装である ACI コネクタによって、トラフィックが急激に増加すると AKS の ACI 内にポッドがプロビジョニングされる。
  4. 4 AKS コンテナーと ACI コンテナーが共有データ ストアに書き込む

オンデマンドでの IoT デバイスのデプロイと管理

IoT device deployment and management on demandIoT device deployment and management on demand