プレビュー

仮想マシン用 Azure Monitor (プレビュー) の更新プログラム (一般提供リリース前)

更新: 10月 18, 2019

Azure Monitor for VMs チームは、一般提供リリースに向け準備を進めています。一般提供開始のお知らせに先立ち、今後発生する変更点についての詳細情報をいくつかお知らせします。

Azure Monitor for VMs の更新プログラム
Azure Monitor for VMs の新しいバージョンを 11 月中旬にリリースします。新規のお客様には、自動的に新しいバージョンが配信されます。既に Azure Monitor for VMs を利用している既存のお客様には、アップグレードを促すメッセージが表示されます。複数のワークスペースにまたがる大規模なデプロイを行うお客様については、Microsoft のドキュメントで一括アップグレード用のガイダンスが提供されます。

このアップグレードでは、Azure Monitor for VMs のパフォーマンス データセットがコンテナーの Azure Monitor と同じ InsightsMetrics テーブルに保存され、2 つのデータ セットをより簡単にクエリすることができます。また、以前使用していたテーブルでは保存できなかった、さらに多様なデータ セットを保存できるようになります。パフォーマンス ビューも、この新しいテーブルを使用するよう更新されます。

さらに、カスタムのログ テーブル (ServiceMapComputer_CL および ServiceMapProcess_CL) に保存されたデータは、Log Analytics の専用データ型に移行されます。これらの新しいテーブルの名前は、VMComputer および VMProcess となります。この更新により、どのデータを先に取り込むかについて適切に優先度を付けることができ、テーブル スキーマがお客様全体で標準化されます。

Microsoft は、既存のお客様にアップグレードをお願いすることで、お客様のワークフローの中断が引き起こされることを認識しています。このことが、一般提供リリースの後ではなく、パブリック プレビュー中の今、アップグレードをお願いする理由です。

ヘルス機能が限定パブリック プレビューに移行
VM のヘルス機能セットについて、お客様から多くのご意見をいただきました。この機能について多くの方が興味を持ち、監視ワークフローがサポートされる可能性に大きな関心が寄せられていることが分かりました。現在、機能を追加するための一連の変更と、受け取ったフィードバックへの対応を計画しています。これらの変更が新規のお客様に与える影響を最小限に抑えるため、この機能を限定パブリック プレビューに移行します。

既存のお客様は引き続き、URL に機能フラグを追加することで、限定パブリック プレビューの一部としてヘルス機能にアクセスすることができます。ただし、新規のお客様のヘルス機能は有効にはなりません。

この移行は 10 月中旬に開始され、10 月末までに完了します。

概要
上記のような Azure Monitor for VMs の更新プログラムにより、オファリングを一般提供に移行するための基礎を築いています。目標は、年末までに一般提供開始のお知らせを行うことです。

これらの変更に対する計画についての詳細情報は、オンボーディングのドキュメント一般提供リリースに関する FAQ をご覧ください。
チームに追加の質問がある場合は、こちらからお問い合わせください

  • Azure Monitor
  • Virtual Machines
  • Virtual Machine Scale Sets
  • Service Fabric
  • Cloud Services
  • Features
  • Pricing & Offerings