Azure Sphere 用更新プログラム 19.07 のパブリック プレビューの提供を開始 (評価用)

2019年7月17日 に投稿済み

Azure Sphere パブリック プレビュー 19.07 品質リリースの提供が Retail Evaluation フィードで開始されました。新しい OS は Retail Evaluation フィードで14 日間提供され、その後 Retail フィードにリリースされます。これは、下位互換性テストを目的としています。通常の Retail OS フィードでは引き続きバージョン 19.06 が提供され、2 週間以内に 19.07 にアップグレードされる予定です。

19.07 更新プログラムでは、運用環境で署名された一時イメージの削除ができないというバグが修正されています。また、次の共通脆弱性識別子 (CVE) に対応しています。

評価期間中にお使いのデバイスに 19.07 更新プログラムをインストールするには、19.06 リリースに対して Retail Evaluation OS フィードからの更新プログラムを受け取るように OTA 構成を設定していない場合は、そのように設定する必要があります。構成を変更する方法については、「Set up a device group for OS evaluation」 (OS 評価用のデバイス グループを設定する) をご覧ください。

なお、18.11 より古いバージョンのデバイスでは、DPS 経由で Azure IoT Hub の認証を受けることも、OTA 更新プログラムを受け取ることもできません。これに該当する場合は、リリース ノートで対応方法をご確認ください。

プレビュー ユーザーの皆様には多くのご意見やご提案をいただき、心から感謝いたします。また、マイクロソフトのエンジニアと Azure Sphere コミュニティのエキスパートは皆様からのさまざまな質問にお答えします。製品については MSDN フォーラムを、開発については Stack Overflow をご利用ください。また、製品のフィードバックや新機能のご要望もお気軽にお寄せください。

各種ドキュメントおよび Azure Sphere の詳しい使用方法については、Azure Sphere の Web サイトをご覧ください。Azure Sphere 導入についてのお問い合わせは nextinfo@microsoft.com まで直接メールにてご連絡ください。マイクロソフトの営業担当者が回答いたします。

  • Azure Sphere
  • Operating System