提供中

Azure 共有イメージ ギャラリーの一般提供

公開日: 5月 06, 2019

共有イメージ ギャラリーの一般提供をすべてのパブリック クラウド リージョンで開始したことを発表いたします。お客様は、共有イメージ ギャラリーを使用して、Azure リージョン内および Azure リージョン間でカスタム仮想マシン (VM) イメージを簡単に管理、共有、および分散できます。この機能の主な性能を簡単に紹介します。

イメージの効率的な管理: この機能一部として紹介した 3 つの新しい ARM リソースを使用して、グループ化とバージョン管理によって、イメージを効率的に管理します。

サブスクリプションとテナント全体でのイメージの共有: Azure ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用して、サブスクリプションとテナント全体でイメージを共有します。Azure AD テナント間の VM イメージ共有は、組織のインフラストラクチャがテナント間に分散しているときに特に便利です。

全世界にイメージを分散: 組織のニーズに基づいてイメージを全世界に分散します。ターゲット リージョンを指定すると、イメージが全世界にレプリケートされます。

デプロイのスケーリング: 規模のニーズに基づいて、すべてのリージョンにイメージのレプリカを維持する機能を使用して、デプロイをスケーリングします。

イメージの可用性の向上: 可用性ゾーンをサポートするリージョンでゾーン冗長ストレージ (ZRS) アカウントを使用して、イメージの可用性を高めます。ZRS は、ゾーンの障害に対するイメージの回復性に優れています。

リージョン別の提供状況:

共有イメージ ギャラリーでは、すべての Azure パブリック クラウド リージョンをターゲット リージョンとしてサポートし、南アフリカ リージョン以外の一般提供されているすべての Azure パブリック クラウド リージョンをソース リージョンとしてサポートします。

価格:

共有イメージ ギャラリー サービスを使用するための追加料金はかかりません。次の料金のみをお支払いいただく必要があります。

1.        ソースとターゲットの各リージョンのイメージ バージョンとレプリカのストレージ料金

2.        リージョン間でのレプリケーションのネットワーク エグレス料金

使用を開始するには

CLIPowerShellAzure PortalAPI, クイックスタート テンプレートTerraform.NET、および Java

  • 仮想マシン
  • Features
  • Management
  • Microsoft Build

関連製品