提供中

Power BI サービス更新

公開日: 11月 28, 2018

Power BI サービスの最新の更新には、データフローのプレビューと、Power BI 内でページ分割されたレポートが含まれています。

Power BI には既に、信頼性の高いセルフサービスのデータ準備機能が Power BI Desktop に備わっています。それを実現する、よく知られた Power Query ベースのエクスペリエンスは、世界中の数百万人のユーザーに使用されています。Power BI におけるデータフローの新しいプレビューによって、セルフサービスのデータ準備は飛躍的に改良されました。それによってビジネス アナリストは、複数の Power BI レポートやダッシュボードで再利用できるデータ準備ロジックを作成し、それらを一緒にリンクして、洗練されたデータ変換パイプラインを作成することができます。お客様の Azure Data Lake Storage Gen2 インスタンス内にデータを保存して、データフローが Microsoft Common Data Model をサポートするように、データフローを構成することができます。それによって組織は、標準化され、拡張可能なデータ スキーマのコレクション (エンティティ、属性、リレーションシップ) を活用することが可能になります。

SQL Server Reporting Services に投資してきた長期の BI カスタマーは、今や、Power BI の既存の対話型レポートに加えて、ピクセル単位で正確なページ分割されたレポートを組み込めるようになりました。これにより、あらゆるユーザーが各種デバイスを使ってアクセスできる、統一され、セキュリティで保護されたエンタープライズ規模のレポート作成プラットフォームが実現します。

詳しくは、Power BI ブログをご覧ください。

  • Services