ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure IoT Edge 1.2.0 リリースの一般提供開始

公開日: 4月 12, 2021

Azure IoT Edge の 1.2.0 バージョンには、次の機能強化が含まれています。完全なリリース ノートについては、1.2.0 に関する GitHub のリリース ページをご覧ください。

  • エッジ ID サービス
  • EST 標準によるオンプレミス PKI インフラストラクチャとの統合
  • PKCS11 標準を使用した HSM への証明書の格納
  • IoT Edge デバイスの入れ子になった階層を構成する機能
  • Generic MQTT ブローカー (パブリック プレビュー)

このリリースには、IoT Edge セキュリティ デーモンに対する大きなリファクタリングが含まれていることに注意してください。このリファクタリングでは、プロビジョニングおよび暗号化サービスのためのデーモンの機能が、一連のスタンドアロンシステム サービスに分割されます。これらの個別システム サービスに関するドキュメントは、関連する GitHub リポジトリの概要に掲載されています。

いつものように、Azure IoT Edge が公開する API サーフェスには、下位互換性が維持されます。このリファクタリングは、IoT Edge のパッケージ化とインストールに影響します。これらの影響を最小限に抑えるように努力していますが、違いが生じることも予測されます。これらの変更点の詳細については、公開されているドキュメントをご覧ください。また、その他の詳細については、公開されているリポジトリのパッケージ化に関するディスカッションをご覧ください。

1.2.0 に含まれる機能が阻害要因にならない限り、運用シナリオでは引き続き LTS ブランチ (1.1) を使用することをお勧めします。1.2.0 は、コードの変更やインストールの更新の規模が大きいため、運用で使用する前に十分なテストを行ってください。

IoT Edge の更新手順については、こちらを参照してください。

  • Azure IoT Edge
  • Features
  • Open Source

関連製品