提供中

Azure Backup による Azure Files 共有スナップショット管理の一般提供を開始

公開日: 4月 29, 2020

Azure Files のユーザーには、共有スナップショットにより以前の特定の時点からの読み取り専用バージョンのファイル共有が提供されています。ユーザーはこれらの共有スナップショットを使用して時間をさかのぼることができますが、スクリプトや自動化によるスナップショットの管理は非常に手間がかかります。Microsoft Azure Backup では、共有スナップショットを使用して Azure Files をバックアップおよび保護するためのシンプルで信頼性の高い方法が提供されます。

本日、Azure Backup による Azure Files のスナップショット管理の一般提供が開始されました。Azure Backup には、クラウドでネイティブに利用できるだけでなく、Recovery Services コンテナーを使用してファイル共有を保護できるという大きなベネフィットがあります。

Azure Backup では、シンプルな構成でファイル共有を保護するゼロインフラストラクチャ ソリューションが提供されます。また、柔軟なバックアップ ポリシーによって、日単位、週単位、月単位、年単位のスナップショットを作成し、最大 10 年間保持できます。複数のオプションで、共有全体または個々のファイルやフォルダーを復元できます。最も重要な点は、Azure Backup によって個々のファイルやフォルダーおよびストレージ アカウントを誤削除から保護できることです。Microsoft は既にファイル共有やスナップショットの削除からお客様を保護する取り組みを行っています。

まず、お客様のリージョン内で Recovery Services コンテナーを使用して、ファイル共有を保護します。サポートされているリージョンの一覧については、サポート マトリックスをご覧ください。コンテナーの概要の [バックアップの目標] オプションで、お客様のリージョン内のストレージ アカウントからバックアップする Azure Files 共有を選択できます。詳細については、ドキュメントをご覧ください。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Azure Backup
  • Management
  • Pricing & Offerings

関連製品