ナビゲーションをスキップする
提供中

最小 TLS バージョン設定を Azure Database for MariaDB で使用できるようになりました

公開日: 6月 04, 2020

新しい TLS バージョン設定を使用して、Azure Database for MariaDB に適用される最小 TLS バージョンをサーバー レベルで適用できます。

現在、TLS バージョン 1.0、1.1、1.2 がサポートされています。最小 TLS バージョンを設定すると、後続の新しい TLS バージョンがサポートされるようになります。以前のバージョンで発見された脆弱性の修正が含まれているため、アプリケーションでサポートされていることをテストで確認した後、最小 TLS バージョンを 1.2 に設定することをお勧めします。またこれは、Azure Database for MariaDB でサポートされている最大の TLS バージョンでもあります。

以前のバージョンの TLS に依存するアプリケーションがある場合は、アプリケーションの要件ごとに最小 TLS バージョンを設定することをお勧めします。暗号化されていない接続を使用して接続するアプリケーションに依存している場合は、最小 TLS バージョンを設定しないことをお勧めします。

最小 TLS バージョンに関する詳細情報をご確認ください。

TLS 1.2 の詳細情報。

  • Azure Database for MariaDB
  • Compliance
  • Features
  • Open Source
  • Security