提供中

Azure Content Delivery Network from Verizon ルール エンジンが V4 にアップグレード

公開日: 5月 27, 2020

Azure Content Delivery Network from Verizon 内で、Verizon Premium ルール エンジン バージョン 3 (V3) から Verizon ルール エンジン バージョン 4 (V4) への移行が 2020 年 5 月 27 日から開始される予定で、2020 年 6 月 10 日に終了する見込みです。この移行期間に、ダウンタイムは発生しない予定です。移行が完了すると、Verizon Premium アカウントの UI が更新されて、いくつかの追加機能が利用できるようになります。変更点とアップグレードの完全な一覧をご覧ください。現在のワークロードに影響はありません。

V4 に含まれる追加の機能をいくつか以下に示します:

  • ステージング環境 - 新しいルール エンジンの構成とモック サイト トラフィックの互換性をテストするための安全なワークスペースが提供されます。
  • ドラフト - 要求とそれに適用される一連のアクションを識別するための 1 つ以上のルールで構成されます。ドラフトは、サイトのトラフィックに影響を与えることなく頻繁に構成を更新できるようにする、進行中の作業のことです。
  • ポリシー - ルールの複数のバリエーションを作成、保存、管理します。以前にデプロイされたバージョンにロールバックします。イベント固有のルールを事前に準備します (たとえば、顧客配信元のメンテナンスの結果としてトラフィックをリダイレクトするルール)。
  • デプロイ要求 - ステージングまたは運用環境にポリシーをすばやく適用できるシンプルで合理化された手順が提供されます。これらの環境に適用された変更の追跡を容易にするために、デプロイ要求の履歴が提供されます。
  • 独立した条件式 - ルールの一致条件は、相互に排他的 (つまり、最初の一致を選択) になるように、または独立したもの (つまり、一致) として構成できるようになりました。
  • 追加のポータルの更新 - 新しいユーザー インターフェイスによって、ルールの設定がより簡単になりました。許可されるルールの合計数に制限はありません。ルール内の一致と機能の合計数に制限はありません。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Content Delivery Network
  • Services