提供中

App Service on Azure Stack Hub Update 8 のリリース

公開日: 1月 27, 2020

本日の午後、Azure App Service on Azure Stack Hub の 8 番目の更新プログラムをリリースしました。 このリリースでは、リソース プロバイダーが更新され、次の主な機能と修正が行われます。

  • ** App Service のテナント、管理、Functions ポータル、Kudu ツール ** の更新。 Azure Stack Portal SDK バージョンと一貫性があります。
  • 信頼性を高めるためのコア サービスと、一般的な問題を簡単に診断できるようにするエラー メッセージの更新。
  • ** 新しいデプロイ ** での ** マネージド ディスクのサポート **。Azure App Service on Azure Stack Hub のすべてのデプロイでは、すべての Virtual Machines および Virtual Machine Scale Sets に対してマネージド ディスクが使用できるようになります。  既存のすべてのデプロイでは、アンマネージド ディスクが引き続き使用されます。
  • ** フロント エンド ロード バランサーによる TLS 1.2 の適用 **

その他の修正および更新プログラムについては、App Service on Azure Stack Update 8 リリース ノートで詳しく説明されています。

Azure App Service on Azure Stack Hub Update 8 のビルド番号は ** 86.0.2.13 ** です

新しいインストーラーとヘルパー スクリプトをダウンロードできます。

インストーラー

ヘルパー スクリプト

デプロイを開始する前に、更新されたドキュメントをお読みください。

Update 8 リリース ノート

App Service on Azure Stack を開始する前に

新規デプロイに対して App Service Resource Provider をデプロイする

App Service Resource Provider を更新して既存のデプロイを更新する

 

  • App Service
  • Azure Stack
  • Services