Azure API Management の更新情報 (10 月 24 日)

2018年10月25日 に投稿済み

Azure API Management の最新の更新には、次のバグ修正、変更、新機能が含まれています。

Azure Application Insights によるエンド ツー エンド トレース。Application Insights との統合に HTTP 相関関係プロトコルのサポートを追加し、これにより、クライアントからバック エンドへの経路全体にわたる要求のトレースが可能になりました。

式の性能向上。HTML および URL のエンコードとデコードに有用なメソッドを組み込んだ System.Net.WebUtility 型をポリシー式から使用可能な .NET Framework 型のリストに追加しました。

構成デプロイの高速化。Git 実装からのデプロイを最適化しました。以前より実行が 3 倍から 5 倍高速になっています。

JWT 検証の柔軟性向上validate-jwt ポリシーの claim 要素の separator 属性で式を使用できるようになりました。

コンソール トレースの信頼性向上IResponse オブジェクトの保管に使用される set-variable ポリシーを含むポリシー スコープに一致する要求のトレース生成を妨げるバグを修正しました。

この更新は 2018 年 10 月 24 日に開始しました。サービス インスタンスは一括でアップグレードされます。通常、アクティブなサービス インスタンスすべてに更新が適用されるには 1 週間以上かかります。

  • API Management
  • Features