提供中

Azure API Management の更新情報 - 2020 年 1 月

Published date: 1月 23, 2020

Azure API Management の定期的なサービス更新プログラムの配信が 2019 年 1 月 22 日に開始されました。これには次のような新機能、バグ修正、変更、およびその他の改善事項も含まれています。API Management サービスが更新プログラムを受信するまでに、1 週間以上かかる場合があります。

新着

  1. 南アフリカ北部 Azure リージョンで、従量課金プラン レベルの API Management サービスを作成できるようになりました。
  2. rate-limit および rate-limit-by-key ポリシーでは、次の新しい属性を使用して、残りの呼び出し数と再試行期間を応答ヘッダーまたはポリシー式の変数に出力できるようになりました: retry-after-header-name、remaining-calls-header-name、retry-after-variable-name、remaining-calls-variable-name。例えば次が挙げられます。

    <rate-limit-by-key calls="5" renewal-period="30" counter-key="test"  remaining-calls-variable-name=remainingCallsPerIp""/>
    <rate-limit calls="20" renewal-period="90"  remaining-calls-variable-name="remainingCallsPerSubscription"/>

    <choose>
      <when condition="@(((int)context.Variables["remainingCallsPerIp"]) >= 0)">
        <set-header name="x-remaining-calls" exists-action="override">
           <value>@(System.Math.Min(((int)context.Variables["remainingCallsPerIp"]), ((int)context.Variables["remainingCallsPerSubscription"])).ToString())</value>
        </set-header>
      </when>
    </choose> 

ドキュメントは近日提供開始予定です。

  1. authentication-certificate ポリシーでは、未加工のバイト配列からの証明書がサポートされるようになりました。これは、2 つの新しい属性: body (型: byte[]) および password (string) を受け取ります。Azure Key Vault から証明書を取得し、それを使用してバックエンドでの呼び出しを認証する例をご覧いただけます。ドキュメントは近日提供開始予定です。
  2. ポリシー式で新しい JSON 解析 API を使用できるようになりました。
    context.Request.Body.AsJToken(bool preserveContent = false, JsonSerializerSettings settings = null), context.Request.Body.AsJObject(bool preserveContent = false, JsonSerializerSettings settings = null), context.Request.Body.AsJArray(bool preserveContent = false, JsonSerializerSettings settings = null).
    context.Response でも同じメソッドを使用できます。
  3. 新しい開発者ポータルで、新しいユーザーの招待フローがサポートされるようになりました。メール内のリンクによって、ユーザーのパスワードを設定するフォームにリダイレクトされます。

修正

  1. 無効な CNAME レコードを持つ中断された従量課金プラン レベルのサービス (たとえば、既定の API Management ホスト名を指していないカスタム ホスト名、または有効期限切れの証明書) を、無効なホスト名構成を削除した後にアクティブ化できるようになりました。以前は、このようなサービスをアクティブ化することはできませんでした。

変更

  1. 開発者ポータルで HTTPS 接続が適用されるようになりました。
  2. 新しいポータルの認証の委任ロジックが、クライアント側からバックエンドに移行されました。
  3. 新しい開発者ポータルのエンドポイントが最適化され、読み込み時間が大幅に短縮されました。
  4. Azure Monitor の要求メトリックの平均集計オプションが使用できなくなりました。

新しい開発者ポータルでは、個別のリリース ライフサイクルが追跡され、リリースごとの変更ログを GitHub で確認できます。特に、最新のリリース 2.2.0 には、カスタム ウィジェットを使用したポータルの機能拡張性に必要な変更が含まれています。詳細については、プロジェクトの Wiki をご覧ください

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • API Management
  • Features

Related Products