提供中

Azure Application Gateway で HTTP ヘッダーを書き換える

更新: 4月 16, 2019

Azure Application Gateway で HTTP ヘッダーの書き換えがサポートされるようになりました。

クライアントとバックエンド アプリケーションの間を要求および応答パケットが移動しているときに、HTTP 要求および応答ヘッダーを追加、削除、または更新できます。また、条件を追加し、その条件を満たした場合にのみ、指定したヘッダーが書き換えられるようにすることも可能です。ヘッダーの書き換えによって、X-Forwarded-For ヘッダーからポート情報を削除する、HSTS/X-XSS-Protection などのセキュリティ関連ヘッダー フィールドを追加する、機密情報が漏れる可能性がある応答ヘッダー フィールドを削除するなど、重要なシナリオをいくつかを実現できます。

詳細については、https://aka.ms/HeaderRewriteInfo を参照してください

  • Application Gateway
  • Features

Related Products