メイン コンテンツにスキップ

Azure SQL Managed Instance

クラウドで常に最新の SQL インスタンスを管理し、SQL Server アプリケーションを最新化します。

SQL Server アプリをクラウドへ簡単に移行

 Azure SQL ファミリの一部である SQL Managed Instance は、 最も広範なSQL Server エンジン互換性  (SQL Server 2008 との下方互換性) と、フル マネージドの利点を組み合わせたインテリジェントなクラウド データベース サービスで、最新のサービスとしてのプラットフォームです。 Azure Migrate  または  Azure Data Studio に関する評価が成功したら、カスタム アプリとベンダー提供のアプリを自信を持って Azure に最新化できます。

最も広範な SQL Server のエンジンの互換性により、Azure への最新化が促進されます

 Azure ハイブリッド特典 で SQL ライセンスを再利用すると、従量課金制の価格と比較して最大 55% 節約できます。1

リンク機能リンク機能を使用したハイブリッドな柔軟性とAzure Arc対応のデータ サービスにより、クラウド接続性とオンプレミスでの Azure イノベーションを実現

常に最新バージョンの SQL で運用

更新、アップグレード、またはサポート終了について心配する必要はありません。SQL Managed Instance は SQL Server エンジン上に構築されているため、常に最新の SQL 機能にアップデートされます。

Naver

価格パフォーマンスを最適化し、コストを削減する

AWS RDS より最大 93% 少ない料金で、ミッション クリティカルな要件を最大 5 倍迅速に満たすことができます。2 トランザクションワークロードと分析ワークロードにまたがる 3 つの異なるベンチマークで、SQL Managed Instance がどのようにパフォーマンスを上回ったかについて説明します。

SQL Server の互換性を維持

クラウドの最新のマネージド SQL Server 機能でアプリケーションの最新化を加速します。データベース間クエリ、リンク サーバー、マネージド サービス内の SQL Server インスタンス全体での Windows 認証のサポートなど、使い慣れたツールや SQL Server 機能を引き続き使用できます。SQL Managed Instance は最上位の SQL Server 互換性レベルを維持するため、アプリケーションの互換性やパフォーマンスの変化を心配することなく、オンプレミスのワークロードを移行できます。

データベース管理者の生産性を向上させる

フル マネージド サービスがユーザーの代わりに時間と複雑なタスクを実行できるようにすることで、生産性を高め、より効率的に運用できます。 組み込みの高可用性組み込みの高可用性高速データベース復旧、および自動バックアップを利用して、必要なときにデータを確実に使用できるようにし、AI 搭載の自動チューニングを使用してパフォーマンスを最適化します。サービスとしてのプラットフォームの財務上および運用上のベネフィットにより、SQL Server を最大限に活用できます。

データを完全に隔離して保護する

コンピューティング レベルとネットワーク レベルの両方で分離を実現します。インスタンスとデータベースが他の顧客と仮想マシンを共有しないようにします。セキュリティで保護されたネイティブ仮想ネットワーク内にワークロードを完全に含め、パブリック インターネットから分離したままパブリック クラウドのベネフィットを得ることができます。

包括的なセキュリティとコンプライアンス、組み込み済み

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間  USD10 億  を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のあらゆるクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

  • クラウド内の常に最新のマネージド SQL インスタンスの価格

    価格オプションを調べて、ご自分のワークロードに最適なパフォーマンス レベルを見つけましょう。

Azure 無料アカウントで開始する

1

無料で始めましょうUSD200 相当のクレジットを取得して 30 日間使用できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスの多くを無料で利用できるほか、55 以上のその他のサービスを常時無料で利用できます。

2

クレジットがなくなった後に、同じ無料サービスでビルドを続けるには、従量課金制に移行してください。月々の無料使用分を超えた場合にのみ、お支払いいただきます。

3

12 か月が経過した後も、55 以上の常時無料サービスを利用し続けることができます。料金は、月々の無料利用分を超えて使用した分だけをお支払いいただきます。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

飛躍的なパフォーマンス向上と節約を実現

Komatsu Australia が自社のデータを SQL Managed Instance に移行し、49% のコスト削減と最大 30% のパフォーマンス向上を実現した方法をご覧ください。

Endemol Shine Group

成長と柔軟性のサポート

Descartes が完全に管理された SQL Managed Instance のベネフィットを受け、MacroPoint アプリの高いトランザクション要求に対応した方法をご確認ください。

スケーラビリティによるワクチン接種へのアクセスの最大化

Mosaic Life Care が SQL Managed Instance を使用して、COVID-19 の予防接種に簡単にアクセスできるようにし、IT 管理負担を軽減した方法を紹介します。

 

Azure でアジリティを活用したコラボレーション

Wolters Kluwer が SQL Managed Instance を使用して、管理タスクを削減し、時間を節約し、プラットフォーム全体の可用性とパフォーマンスを向上させた方法を紹介します。

ビジネス クリティカルなアプリケーションの改善

MCS が SQL Managed Instance を使用して最新化することで、運用効率、柔軟性、分析の向上を実現した方法について説明します。

コストを削減し新しい収益の流れを作る

Eops Now が AWS から SQL Managed Instance に移行し、新しいデータ収益の流れを構築して、お客様の時間を節約し、リアルタイムの分析情報からベネフィットを得た事例を紹介します。

タブに戻る

Azure SQL Managed Instance にデータを移行し、自信を持ってアプリを使用する

SQL Managed Instance の認定アプリを提供している Microsoft パートナーをご確認ください。

Azure SQL Managed Instance に関してよく寄せられる質問

SQL Server から Azure SQL Managed Instance に移行する場合は、変更を加えることなく、アプリがクラウドで実行されるようにする必要があります。SQL Server エンジンの互換性が高いほど、リファクタリングが少なくなり、心配なことが 1 つ減ります。互換性の程度は、データベース 互換性レベルによって制御されます。また、SQL Managed Instance は、既定では、最新バージョンの SQL Server エンジンと同等の最高の互換性レベルに設定されています。実際、SQL Managed Instance は SQL Server 2016 エンジン上に構築されており、それ以降の SQL Server エンジンとの互換性があります。また、古い SQL Server エンジンのコードを破棄しないというコミットメントにより、SQL Managed Instance は 2008 までの SQL Server エンジンとの下位互換性を持っています。SQL Managed Instance に移行する前に、Azure Migrate または Azure Data Studio を使用して、データ資産の包括的な評価を実施し、データベースがクラウドに対応していることを確認します。

  • サポートされている機能の完全なリストを参照してください。Azure SQL Managed Instance とオンプレミス SQL Server の構文および動作の違いについては、T-SQL の相違点を参照してください。

  • 利用可能なハードウェア世代とサービス レベルの特性については、技術的特性とリソース制限の概要を参照してください。

  • SQL Managed Instance で提供されるコンピューティングあたりのパフォーマンス レベルとストレージ サイズは、Azure SQL Database と同じものです。単一インスタンスでデータを統合する場合、または単に SQL Managed Instance でのみサポートされている機能が必要な場合は、エクスポートおよびインポート (BACPAC) 機能を使用してデータを移行できます。

準備が整ったら—Azure の無料アカウントを設定しましょう

  • [1] 米国東部リージョンで 8 個の仮想コアを備えた Managed Instance Business Critical を月間 730 時間実行した場合の節約額。節約額は、ライセンス込みの正規の価格と、SQL Server 向けの Azure ハイブリッド特典を適用した基本料金 (SQL Server Enterprise Edition のソフトウェア アシュアランス コストを除く) を比較したものです。これは、EA 契約に応じて異なる場合があります。実際の節約額は、リージョン、インスタンス サイズ、パフォーマンス レベルによって異なる可能性があります。価格は 2022 年 5 月時点のものです。価格は変更されることがあります。
  • [2] コストパフォーマンスの記述は、2022 年 4 月に Microsoft が依頼して Principled Technologies が実施した調査のデータに基づきます。この調査では、ビジネス クリティカルなサービス レベルの Premium シリーズ ハードウェアを使用した 16 個の仮想コア、64 個の仮想コア、80 個の仮想コアの Azure SQL Managed Instance と、SQL Server 上のアマゾン ウェブ サービス (AWS) のリレーショナル データベース サービス用の db.m6i.32xlarge、db.r5b.4xlarge、db.r5b.16xlarge オファリングのパフォーマンスと価格パフォーマンスを比較しました。ベンチマーク データは、Principled Technologies のレポートより、公認標準である HammerDB TPROC-C、HammerDB TPROC-H および TPC-E由来のワークロードである Microsoft MSOLTPE を使用したものから取得しています。MSOLTPE の結果は、TPC-E 仕様に準拠していないため、TPC-E で公開されている結果と比較することはできませんが、TPC-E ベンチマーク由来のものです。この結果は、複雑な OLTP や分析アプリケーション環境で見られる活動をシミュレートした、読み取り専用と更新集約型のトランザクションを混合したものに基づいています。価格パフォーマンスは、Principled Technologies が算出したもので、クラウド プラットフォームを継続的に実行するコストを、標準に基づいて 1 分あたりのトランザクション数または 1 秒あたりのスループットで割った値です。価格は、2022 年 4 月の時点で、米国中南部の Azure SQL Managed Instance および AWS RDS の米国東部での一般提供価格に基づいており、ソフトウェア アシュアランスとサポート コストを除く、SQL Server の Azure ハイブリッド特典が組み込まれています。コスト パフォーマンスの結果は構成により異なります。詳細については、Principled Technologies のレポートをご覧ください。