Azure Disks Storage Pricing

大規模データにも小規模データにも対応する信頼性と経済性に優れたクラウド ストレージ。

Azure には、BLOB、File、Disk、Table、Queue という 5 種類のストレージがあります。各ストレージのしくみを参照する

総料金は、格納したデータの量、ストレージ トランザクションと送信データ転送の量と種類、および選択したデータ冗長オプションに応じて異なります。比較については「データ冗長オプション」セクションをご覧ください。

Premium 非管理対象ディスクとページ BLOB

Premium 非管理対象ディスクは、高性能ソリッド ステート ドライブ (SSD) ベースのストレージであり、極めて高いスループットと待ち時間の短縮によって I/O 集中型のワークロードをサポートできるように設計されています。 Premium 非管理対象ディスクでは、永続ディスクをプロビジョニングし、そのサイズとパフォーマンス特性を構成できます。

Premium 非管理対象ディスクの総コストはディスクのサイズと数に応じて異なり、送信データ転送の回数も関係します。これらのディスク サイズごとに、異なる IOP、スループット上限、GB あたりの月額料金が設けられています。必要なストレージ サイズ、IOP、スループットに最もよく合ったオプションを選択できます。永続ディスクは 1 つの VM に複数追加可能です。VM 1 つあたり最大 64 TB ストレージを構成し、1 秒あたり 80,000 回の入出力操作と、読み取り操作の待機時間を 1 ミリ秒未満に短縮して VM あたり毎秒 1600 MB のディスク スループットを実現できます。Premium 非管理対象ディスクは、Premium ディスクのために特別に用意された DS シリーズ、DSv2 シリーズ、FS シリーズ、および GS シリーズの VM サイズでサポートされています。

スナップショットの請求額は $-/GB/月です。

ディスクの種類 P10 P20 P30 P40 P50 P60*
ディスク サイズ 128 GB 512 GB 1 TB 2 TB 4 TB 8 TB
月額 $- $- $- $- $- $-
ディスクあたりの IOP 500 2,300 5,000 7,500 7,500 7,500
ディスクあたりのスループット 100 MB/秒 150 MB/秒 200 MB/秒 250 MB/秒 250 MB/秒 250 MB/秒
Premium ディスクには、トランザクション コストはありません。

* Azure doesn’t support attaching P60 as a disk to VM yet. P60 will only be supported as page blobs accessible through REST.

Standard 非管理対象ディスクとページ BLOB

Standard ディスクでは、ハード ディスク ドライブ (HDD) ベースの記憶域メディアを使用します。これは、パフォーマンス変動の影響を受けにくい開発テストやアクセス頻度の少ないワークロードに最適です。

Standard 非管理対象ディスク ストレージの総コストは、ディスクのサイズと数、トランザクションの回数、および送信データ転送の回数に応じて異なります。

Storage 容量 LRS GRS RA-GRS
最初の 1 TB/月 $-/GB $-/GB $-/GB
次 49 TB (1 ~ 50 TB) /月 $-/GB $-/GB $-/GB
次 450 TB (50 ~ 500 TB) /月 $-/GB $-/GB $-/GB
次 500 TB (500 ~ 1,000 TB) /月 $-/GB $-/GB $-/GB
次 4,000 TB (1,000 ~ 5,000 TB) /月 $-/GB $-/GB $-/GB
5,000 TB 超/月 お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ

アクセス料金

Standard Disk とページ BLOB の請求単位は 10,000 トランザクションあたり $- です。読み取り、書き込み、削除などのストレージに対するすべての種類の操作は、トランザクションとしてカウントされます。

Import/Export

ハード ディスク ドライブを使用して Azure との間で大量のデータを転送します。詳細情報

データ冗長オプション

Locally Redundant Storage (LRS) 1 つのデータセンター内でデータの同期コピーを複数作成します。
Zone Redundant Storage (ZRS) 同一リージョン内または複数のリージョンに位置する複数のデータセンターに 3 つのデータ コピーを保管します。ブロック BLOB 専用です。
Geographically Redundant Storage (GRS) LRS の機能に加えて、数百 Km 離れた位置にある 2 番目のデータセンターへの複数の非同期コピーが可能です。
Read-Access Geographically Redundant Storage (RA-GRS) GRS の機能に加えて、2 番目のデータセンターへの読み取りアクセスが可能です。

冗長オプションとこのオプションを使用して高可用性を実現する方法の詳細については、「Azure Storage のレプリケーション」を参照してください。ストレージの種類によっては一部の冗長性は使用できないことに注意してください。

サポートおよび SLA

  • 請求およびサブスクリプション管理サポート (無償)。
  • 柔軟なサポート プラン ($29.0 ~/月)。プランを探す
  • 99.9% 以上の可用性を保証 (プレビュー サービスは除く)。SLA を読む

FAQ

全般

  • はい。ストレージ容量は、1 か月にわたり、保存されていたデータ量の 1 日あたりの平均 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 10 GB のストレージを常に使用し、後半は使用しなかった場合は、ストレージの平均使用量の 5 GB が課金されます。

  • Storage アカウントは、Geo 冗長になるように既定で設定されています。読み取りアクセスの Geo 冗長またはローカル冗長への設定変更は、Microsoft Azure クラシック ポータルから、またはサービス管理 API を介して行うことができます。ステータスについても、ポータルまたはサービス管理 API を使って確認できます。

  • サービスを有効にした時点から少なくとも 30 日間は Storage アカウントに課金されます。たとえば、RA-GRS を 5 月 1 日に有効にし、5 月 5 日に無効にした場合は、5 月 30 日まで RA-GRS の料金がストレージ アカウントに課金され、その次の日から GRS の料金が適用されます。

    RA-GRS を 5 月 1 日に有効にし、6 月 14 日に無効にした場合は、6 月 14 日まで RA-GRS の料金が課金され、6 月 15 日から GRS の料金が適用されます。

Blob Storage

  • Blob Storage アカウントは、データを BLOB として格納するための専用ストレージ アカウントであり、ユーザーは、このアカウント内のデータへのアクセス頻度に基づいてアクセス層を指定することができます。汎用ストレージ アカウントは、BLOB だけでなく、File、Disk、Table、Queue の格納にも使用できます。

  • いいえ。汎用ストレージ アカウントでのブロック BLOB の料金は変更されていません。料金についてはこちらをご覧ください。

  • リソース名に “ホット” または “クール” と表示されている場合、料金が Blob Storage アカウントに関連付けられていることを意味します。たとえば、請求書に “Standard IO - クール ブロック BLOB (GB)” と記載されている場合、Blob Storage アカウントを利用中であり、このアカウントに対して課金されていることになります。一方で、“Standard IO – Block BLOB (GB)” と記載されている場合、課金は汎用ストレージ アカウントでのブロック BLOB の使用に関連付けられています。

  • Blob Storage アカウントの作成時に、アクセス層をクールまたはホットに設定できます。クール層は、データ格納料金が低価格である一方、データ アクセス料金が高いため、アクセス頻度が低く可用性に関する SLA 要件が緩いデータでの使用に向いています。データへのアクセス パターンがわからない場合は、まず 1 か月以上ホット層を試してから、実際の使用状況に応じてクール ストレージに変更した場合に費用を節約できるかどうかを判断されることをお勧めします。以下に例を示します。

    例: 米国東部 2 リージョンで Blob Storage に 50 TB のデータを格納するとします。毎月 10,000,000 件の HTTP 操作をアカウントに送信し、この操作の 20% が Put Blob/Block、List および Create Container 操作です。毎月アカウントから 20 TB のデータを読み取り、10 TB のデータを書き込みます。ホットの場合とクールの場合の総料金の計算方法を以下に示します。

    計算単位 使用量 クールの料金 ホットの料金 クールの月額料金 ホットの月額料金
    1 か月あたりの GB 50*1,024= 51,200 $0.01 $0.024 $512 $1228.8
    10,000 件の Put Blob/Block、List、Create Container 操作 20% * 10M /10,000 = 200 $0.1 $0.05 $20 $10
    10,000 件の操作 (その他) 80% * 10M /10,000 = 800 $0.01 $0.004 $8 $3.2
    データ取得量 (GB) 20 * 1,024 = 20,480 $0.01 $0 $204.8 $0
    データ書き込み量 (GB) 10 * 1,024 = 10,240 $0.0025 $0 $25.6 $0
    総月額料金 $770.4 $1242

    この例でのクール層とホット層の月額料金は、それぞれ $770.4$1242 になります。この場合、クール層にデータを移せば費用を大幅に抑えられることがわかります。

  • Blob Storage アカウントをクールからホットに切り替えた時点でデータ取得に対して課金されるようになります。たとえば、Blob Storage アカウントで 100 GB のデータを格納しており、アカウントをクールからホットに切り替えた場合、100 * $0.01 = $1 のデータ取得料がかかります。

  • いいえ。アカウントをホットからクールに切り替えた場合、データ書き込みに対する課金は行われません。データ書き込みで課金されるのは、クール アクセス層で Blob Storage アカウントにデータを直接書き込んだ場合のみです。

  • データを GRS アカウントに書き込むと、そのデータが別の Azure リージョンにレプリケートされます。Geo レプリケーション データ転送の料金は、別の Azure リージョンへのデータのレプリケーションにかかる帯域幅料金になります。

Disk Storage

  • 空の 100 GB ディスクが Premium Storage アカウントによって保持されている場合、P0 (128 GB) ディスクの料金が課金されます。その他の種類の Storage アカウントが使用されている場合、割り当てられたディスク サイズに関わらず、ディスクに書き込まれたデータを保存するために使用しているストレージ領域分のみ請求されます。

  • はい。99.9% の読み取り/書き込みの可用性が、Premium Storage アカウントにも適用されます。

リソース

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

製品詳細

詳細を表示するStorage

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する