Azure Data Lake Storage Gen2

サイロ バスティング 2.0 - Azure Data Lake Storage のマルチプロトコル アクセス

2019年7月18日

クラウド データ レイクは、これまで別個のデータ サイロに存在していたデータのために安全でスケーラブルなストレージを提供することにより、ビッグ データ分析の根本的な問題を解決します。そもそもデータ レイクは、データの障壁を取り除き、すぐにビッグ データ分析を始められるように設計されました。

Senior Program Manager, Azure Storage

技術解説:ADLS Gen2 でクラウド分析のパフォーマンス、スケーリング、セキュリティが向上

2019年2月14日

2019 年 2 月 7 日、Microsoft は Azure Data Lake Storage (ADLS) Gen2 の一般提供を発表いたしました。Azure は現在、高速でセキュリティとスケーラビリティに優れ、しかもコスト効率がよく、妥協のないクラウド ストレージ ソリューションを提供する唯一のクラウド プロバイダーとなっています。このソリューションは、極めて負荷の大きな実稼働ワークロードにも完全に対応する能力を備えています。

Program Manager, Azure Storage

さらに高度なインサイトの取得を可能にするコネクタを Azure Data Factory に追加

2019年2月4日

Azure にデータを取り込むための新しいコネクタが Azure Data Factory に追加され、最新のデータ ウェアハウス ソリューションとデータ駆動型 SaaS アプリ (Cosmos DB MongoDB API、Google Cloud Storage、 Amazon S3、MongoDB、REST など) が支援されるようになりました。

Program Manager, Azure Data Factory

Azure Data Lake Storage Gen2 を詳しくご紹介

2018年6月28日

2018 年 6 月 27 日、マイクロソフトは、エンタープライズ クラスの大規模な分析ワークロードをクラウドで実行することに特化した唯一のデータ レイクである Azure Data Lake Storage Gen2 のプレビューを発表しました。Azure Data Lake Storage Gen2 は、Hadoop 互換ファイル システム、Azure Active Directory、POSIX ベースの ACL などの主な機能を Azure Data Lake Storage Gen1 から引き継ぎ、Azure Blob ストレージに統合しています。

Group Program Manager, R&D Storage