Azure Data Lake Storage の拡張ファイルシステム プログラミング機能

2019年12月3日 に投稿済み

Senior Program Manager, Azure Storage

Azure Data Lake Storage Gen2 の一般提供が 2019 年 2 月に開始されて以降、お客様はこれまで以上にすばやくクラウド規模の分析情報を得ることができています。分析エンジンとの統合はお客様の分析ワークロードに不可欠であり、同様に、プログラムによってデータを取り込み、管理し、分析できる機能が重要です。この機能は、データ インジェスト、イベントドリブンのビッグ データ プラットフォーム、機械学習、高度な分析など、エンタープライズ データ レイクの主要な領域にとって不可欠です。現時点では、Azure Data Lake Storage Gen2 REST API または BLOB REST API を使用して、プログラムによってアクセスすることができます。さらにお客様はマルチプロトコル アクセスを通じて、BLOB PowerShell と CLI 機能を使用して継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) パイプラインを有効にすることができます。開発者エコシステムを実現するための取り組みの一環として、Microsoft はお客様がこれまで以上に簡単にアプリケーションを開発できるようにすることを目標としています。

Azure Data Lake Storage Gen2 のファイルシステム操作について、.NET SDK、Python SDK、Java SDK、PowerShell、CLI のパブリック プレビューが開始されたことをお知らせします。使い慣れたファイルシステム プログラミング モデルを使用しているお客様が、.NET、Python、Java SDK を使用してこのモデルを実装できるようになりました。またお客様は、PowerShell と CLI を使用して、これらのファイルシステム操作を CI/CD パイプラインに組み込むことができるようにもなりました。これにより、Azure Data Lake Storage Gen2 のビッグ データ ワークロードに対する CI/CD パイプラインの自動化が強化されます。このプレビューでは、Azure Data Lake Storage Gen2 のファイルシステム セマンティクスを通じ、SDK、PowerShell、CLI にファイルシステム、ディレクトリ、ファイル、アクセス許可に対する CRUD 操作がサポートされます。

これらのファイルシステム セマンティクスに関する詳細なリファレンス ドキュメントは、以下のリンク先をご覧ください。これらのリンクは、作業を開始し、フィードバックを提供するのにも役立ちます。

このパブリック プレビューは、すべてのリージョンでグローバルに利用できます。お客様の参加とフィードバックは、お客様の開発環境を強化するうえで非常に重要です。Microsoft の旅にご参加ください。