メイン コンテンツにスキップ

 Subscribe

ポーランド中部とカタール中部を除くすべてのパブリック リージョンと Azure Government リージョンで Azure Blob Storage コールド 層が一般公開されたことをお知らせします。Azure Blob Storage のコールド 層 は、アクセスや変更の頻度が低いデータを効率的に格納し、即時の可用性を確保するために特別に設計されたオンライン層です。

Azure Blob Storage は、大量の非構造化データを格納するために最適化されています。BLOB アクセス層を使用すると、アクセスの頻度と保持期間に基づいて、最もコスト効率の高い方法でデータを格納できます。Azure Blob Storage に新しいコールド オンライン アクセス層オプションが追加され、コストがさらに削減されました。

さまざまな業界で、Azure のお客様は、さまざまなニーズに対応するために BLOB ストレージの機能を活用しています。新しいレベルの導入により、お客様は、メディア コンテンツのバックアップ、医療画像の保存、シームレスなビジネス継続性と堅牢なディザスター リカバリーのための重要なアプリケーション データのセキュリティ保護などのシナリオで顕著な利点を体験できるようになりました。

コールド 層でのコスト効率

コールド 層は、アクセス頻度の低いデータを長期的なリテンション期間要件で格納し、インスタント アクセスを維持メイン、最もコスト効率の高い Azure Blob Storage オファリングです。BLOB アクセス層は、データ アクセス パターンに基づいてコスト削減を最大化します。データが 30 日間必要ない場合は、容量の価格が低いため、データをホットからクールに階層化して最大 46% (米国東部 2 価格を例として使用) を節約することをお勧めします。たとえば、90 日以上アクセスする必要がない場合など、データがさらにクールな場合、コールド 層の方が節約されます。クール 層と比較すると、コールド 層では容量コストを 64% 節約できます (例として米国東部 2 の価格を使用し、ホットからコールド 層の節約は 80% です)。Blob Storage の価格と Azure Data Lake Storage Gen2 の価格に関する詳細な価格を参照してください。

読み取り操作の価格は、よりクールなアクセス層では高く、読み取りパターンとファイル サイズの分布はコスト効率に影響します。運用コストと容量コストの両方に基づいて合計コストを計算することをお勧めします。次のグラフは、クール層とコールド 層の合計コストが、層でデータを保持する期間に基づいてどのように異なるかを示しています。

The chart depicts how the total cost varies between cool and cold tiers depending on how long the user keeps the data with the tier.

上記のシナリオでは、合計コスト見積もりでは、合計で 10 TiB のデータ、平均で 10 MiB の BLOB サイズ、毎月 1 回の読み取り、毎回の合計データの 10% の読み取りが想定されます。データを 30 日間保持する場合、クール層の合計コストはコールド 層よりも低くなります。データを 60 日以上保持する場合、コールド 層はコスト効率の高いオプションです。

最もコスト効率の高いアクセス層のドキュメントを選択して、アクセス層で 合計コストを計算する方法の詳細なガイダンスを 参照してください。

コールド 層でのシームレスなエクスペリエンス

コールド 層は、ホット層とクール層と同じくらい簡単に使用できます。REST API、SDK、Azure PortalAzure PowerShellAzure CLIAzure Storage エクスプローラーは、コールド 層をサポートするように拡張されています。これらのクライアントの最新バージョンを使用して、コールド 層から直接データの書き込み、管理、読み取りを行うことができます。コールド 層での読み取り待機時間はミリ秒です。

ライフサイクル管理ポリシーでは、変更された時刻、作成時刻、最終アクセス時刻などの条件に基づいて、BLOB をコールド層に階層化する自動化もサポートされています。詳細については、BLOB ライフサイクル ポリシーを 参照してください

コールド 層は、Blob Storage と Azure Data Lake Storage Gen2 の両方にサポートを拡張します。ローカル冗長ストレージ (LRS)、geo 冗長ストレージ (GRS)、読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS)、ゾーン冗長ストレージ (ZRS)、geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS)、読み取りアクセス geo ゾーン冗長ストレージ (RA-GZRS) はすべて、リージョン冗長の可用性に基づいてサポートされます。詳細については、Azure Storage データの冗長性に 関するページを参照してください。

コールド 層とまだ互換性のない機能がいくつかあります。最新 のコールド 層の制限事項を確認して、 シナリオとの互換性を確保します。

顧客とパートナーが節約を最大化できるようにする

業界を超えるお客様は、コールド 層を使用して、読み取り待機時間を損なうことなく、Azure 上のオブジェクト ストレージのコスト効率を向上させることができます。2023 年 5 月にコールド 層のプレビューを開始して以来、お客様とパートナーは、この機能を Azure に使用して、アクセス頻度の低いデータや変更されたデータを格納してきました。顧客とパートナーからの引用をいくつか次に示します。

AvePoint は、複数のクラウド ストレージの種類を活用して、コスト効率に優れたインテリジェントな階層化ソリューションをお客様に提供します。ストレージ アーキテクチャに Azure BLOB コールド層ストレージを含めることは、将来の投資収益率を高める可能性がある大幅な機能強化です。このサービスが一般提供され、お客様により高い柔軟性が提供されるのを目の当たりにしています。— ジョージ・ワン、AvePointの最高建築家。

「Commvault は、お客様がエンタープライズ データ保護 & 管理のニーズに合わせて Azure Blob Storage の最新の進歩を活用できるように取り組んでいます。Commvault Complete とメタリック SaaS オファリングを今年後半に提供するストレージ オプションとしてコールド 層をサポートすることを誇りに思います。コールド 層のポリシー ベースの階層化とコスト効率の高いリテンション期間と統合された Commvault 独自の圧縮とデータ パッキングアプローチにより、お客様はランサムウェアから効率的に防御および回復でき、データへのコンプライアンスとコスト効率に優れたオンデマンド アクセスを確保できます。— David Ngo、Commvault 最高技術責任者。

「MediaValet は、Azure Blob コールド層ストレージを採用することで、従来アーカイブされているほとんどアクセスされないデジタル資産に対しても、すぐに取得できる機能を顧客に提供し、ワークフローの中断や管理上の負担を排除します。お客様は、Microsoft のソリューションを使用して、既存のワークフローでコールド 層ストレージを簡単に利用でき、取得に遅延がなく、同じエンタープライズ クラスのクラウド ストレージ ソリューションを利用できます。— MediaValet の最高技術責任者、ジャン・ロツァーノ。

"Nasuni は、新しくリリースされた Azure Blob Storage コールド 層を修飾し、完全にサポートするようになりました。オブジェクトへのオンライン アクセスをサポートする Azure の新しいコールド 層は、共同のお客様が Azure Blob プラットフォーム上に構築された Nasuni でファイルを管理する際に、大幅なコスト削減を実現するのに役立ちます。このコールド レベルの Blob Storage を活用し、デジタル変革の過程の一環として顧客の移行をサポートすることを計画しています。" — ナスニの最高製品責任者、ラス・ケネディ。

「Microsoft のお客様向けの既存のストレージ統合オプションを基に、Veeam は Veeam データ プラットフォームの次のリリースで Azure Blob コールド層ストレージのサポートを発表することに興奮しています。コールド 層のサポートでは、インスタント アクセスが提供される一方で、ホット層やクール層などの他のオンデマンド層とオフライン アーカイブ層の間でコスト効率の高い価格ポイントが提供されます。データ保護とランサムウェアの回復の重要性が増し続ける中でメイン堅牢なソリューションをお客様に提供することに取り組んでいます。— Veeam の CTO、Danny Allan。

コールド 層の概要

  • Explore

     

    Let us know what you think of Azure and what you would like to see in the future.

     

    Provide feedback

  • Build your cloud computing and Azure skills with free courses by Microsoft Learn.

     

    Explore Azure learning


Join the conversation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *