ナビゲーションをスキップする

プライベート クラウドとは

プライベート クラウドは、一般向けではなく特定のユーザーのみを対象としてインターネットまたはプライベートな内部ネットワーク経由のいずれかで提供されるコンピューティング サービスであると定義されています。プライベート クラウド コンピューティングは内部クラウドまたは企業クラウドとも呼ばれ、これを利用すると企業はセルフサービス、スケーラビリティ、エラスティック性などのパブリック クラウドのメリットの多くを活用できることに加えて、オンプレミスでホストされるコンピューティング インフラストラクチャに対する、専用リソースを利用した追加のコントロールとカスタマイズも行うことができます。またプライベート クラウドでは、会社のファイアウォールと内部ホスティングの両方を通じてより高いレベルのセキュリティとプライバシーを実現できるため、運用と機密データがサードパーティ プロバイダーからアクセス不可であることを保証できます。1 つ欠点があるとすれば、会社の IT 部門がプライベート クラウドの管理のコストと説明責任を負うことです。したがって、プライベート クラウドの場合は、従来型のデータセンターを所有するのと同じスタッフ配属、管理、保守の費用が必要になります。

クラウド サービスの 2 つのモデルをプライベート クラウドで実現できます。1 つはサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) で、企業はコンピューティング、ネットワーク、ストレージなどのインフラストラクチャ リソースをサービスとして使用できます。2 つ目はサービスとしてのプラットフォーム (PaaS)  で、企業はシンプルなクラウドベースのアプリケーションから高機能対応のエンタープライズ アプリケーションに至るまで、あらゆるものを提供できます。プライベート クラウドをパブリック クラウドと組み合わせてハイブリッド クラウドを作ることもでき、これで企業はクラウド バーストを利用して、より多くのスペースを解放するとともにコンピューティングの需要が増加したときにコンピューティング サービスをパブリック クラウドにスケーリングすることができるようになります。

関連製品およびサービス

Virtual Network

プライベート ネットワークをプロビジョニングし、必要に応じてオンプレミスのデータセンターに接続します。

Azure ExpressRoute

Azure への専用プライベート ネットワーク ファイバー接続です。

準備はできましたか?

人気のサービスを 12 か月間無料で、その他にも 25 を超えるサービスを常時無料で利用できるほか、最初の 30 日間に使える $200 のクレジットも入手できます。

セールス担当者とチャット