ナビゲーションをスキップする

ハイブリッド クラウドとは

ハイブリッド クラウド (クラウド ハイブリッドと呼ばれる場合もある) とは、オンプレミスのデータセンター (プライベート クラウドとも呼ばれる) とパブリック クラウドを組み合わせたコンピューティング環境のことで、両方の間でデータとアプリケーションを共有できるようになります。組織がオンプレミスのデータセンターに加えて複数のパブリック クラウドを使用する \"マルチクラウド\" 構成をハイブリッド クラウドの定義に含める人もいます。

ハイブリッド クラウドのメリット

どのハイブリッド クラウドの定義を使っていても、メリットは同じです。コンピューティングと処理の需要の増加がオンプレミスのデータセンターの能力を超えた場合、企業はクラウドを使用してキャパシティを即座にスケールアップまたはダウンして、余剰キャパシティに対処できます。また、常時必要になるとは限らない新しいサーバーの購入、インストール、保守にかかる時間とコストを省くこともできます。

ハイブリッド クラウド モデルを使用するうえで規制上の問題はありますか?

極秘データを扱う銀行、金融、行政、医療などの業界においては、ハイブリッドが最適なクラウド オプションの場合があります。たとえば、一部の規制された業界では、特定の種類のデータをオンプレミスに保存する必要がある一方で、機密性の低いデータはクラウドに保存できます。このようなハイブリッド クラウド アーキテクチャの場合、組織は業界の要件に対応しながらも、規制の少ないコンピューティング タスクにはパブリック クラウドの柔軟性を利用できます。

ハイブリッド クラウドの機能の詳細と Azure の概要について読む

ハイブリッド クラウド インフラストラクチャにセキュリティ上の問題はありますか?

ハイブリッド クラウド プラットフォームを使用する組織は、既存のオンプレミスのインフラストラクチャで使用されている、セキュリティ情報イベント管理 (SIEM) 機能などのセキュリティ対策と同じものを多数使用できます。それどころか、常に最新の状態、データの冗長性の自動化、高可用性、ディザスター リカバリー、サイバーセキュリティの機能を理由に、クラウド ハイブリッドのセキュリティがオンプレミスのデータセンターのものより優れていると考えている組織もあります。

関連するハイブリッド クラウド Azure 製品およびサービス

Azure ハイブリッド クラウド ソリューション

ハイブリッド クラウドと Azure のオンプレミス、マルチクラウド、エッジ ソリューションの例をご確認ください。

Azure Arc

Azure のサービスと管理を、あらゆるインフラストラクチャで利用できるようになります。

Azure Stack

ハイブリッド アプリを構築して、データセンター、エッジの場所、リモート オフィス、クラウドで実行できます。

Azure ハイブリッド特典

Windows と SQL Server に最適なクラウドに、ワークロードをコスト効率よく移行できます。

Azure VMware Solution

Azure とオンプレミスの環境間で VMware のワークロードをシームレスに実行できます。

Azure Sentinel

クラウドネイティブ SIEM を使用して AI を利用した脅威保護を実現できます

Azure Defender

合理化されたセキュリティによって、ハイブリッド クラウドのワークロードを脅威から保護できます。

Azure ExpressRoute

オンプレミスのネットワークをクラウドにプライベート接続し、高速化と信頼性の強化を実現できます。

Azure VPN Gateway

お使いのインフラストラクチャをクラウドに接続し、大規模なリモート ユーザー アクセスを実現できます。

どのようなご用件ですか?