ナビゲーションをスキップする

Azure RTOS の価格

組み込み IoT の開発と接続を簡単に行う

Azure RTOS は、使いやすく市場で実績のある、マルチスレッド機能、ミドルウェア、Windows ツールの包括的なスイート製品であり、次のような埋め込み IoT アプリケーションの開発に利用できます。ThreadX、NetX、NetX Duo、FileX、GUIX、GUIX Studio、USBX、TraceX。

ソース コードをテストして調査するためのコストはかかりません。すべての Azure RTOS コンポーネントの完全なソース コードは、GitHub で入手できます。これにより、お客様のニーズに合わせて Azure RTOS を調査、開発、テスト、調整することができます。

Azure RTOS ライセンスを取得するための 2 つの方法:

  1. サポートされているマイクロコントローラー (MCU) デバイスまたはマイクロプロセッサ (MPU) デバイスのいずれかにデプロイすると、運用ライセンスが自動的に含まれます。事前ライセンス供与されているデバイスの一覧については、GitHub をご覧ください。
  2. 運用環境で GitHub に記載されていないデバイスを使用する場合は、ライセンス オプションを利用できます。営業担当者にお問い合わせください

その他の資料

Azure RTOS の詳細

Azure RTOS の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure RTOS のリソースをご確認ください。

よく寄せられる質問

  • はい。すべての Azure RTOS コンポーネントの完全なソースコードは、GitHub から入手できます。お客様の運用前ニーズに合わせて、Azure RTOS を自由に調査、開発、テスト、調整できます。詳細については、GitHub をご覧ください。
  • 場合によります。GitHub に記載されている事前ライセンス供与されたデバイスのいずれかにデプロイする場合、運用ライセンスは自動的に含まれており、追加のライセンスに対して支払う必要はありません。他のデバイスにデプロイする場合は、Microsoft からライセンスを購入する必要があります。
  • 料金は、運用環境に設定するデバイスの数によって異なります。ライセンスを購入するには、AzureRTOSContact にお問い合わせください。
  • ライセンスには、以下の 8 つのコンポーネントがすべて含まれています。

    • Azure RTOS ThreadX
    • Azure RTOS NetX
    • Azure RTOS NetX Duo
    • Azure RTOS FileX
    • Azure RTOS GUIX
    • Azure RTOS GUIX Studio
    • Azure RTOS USBX
    • Azure RTOS TraceX
  • Access to all Azure RTOS certification artifacts is available for $30K USD per year subscription. Please contact us here for any additional questions or to purchase a subscription.
  • Azure Sphere をご利用のお客様は、運用環境のデプロイで Azure RTO を無料で使用することができます。これは、MT3620 MCU ベースの Azure Sphere オファリングを使用しているお客様にのみ適用されます。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください