ナビゲーションをスキップする

Microsoft Defender for Cloud

マルチクラウドとハイブリッドの環境を保護する

マルチクラウドとハイブリッド クラウド環境を保護する

Microsoft Defender for Cloud は、クラウド構成全体に渡って弱点を抽出し、環境における全体的なセキュリティ体制を強化し、増大する脅威からマルチクラウドとハイブリッド環境全体に渡ってワークロードを保護できる Cloud Security Posture Management (CSPM) および Cloud Workload Protection (CWP) です。

クラウド リソースのセキュリティ構成をアセスメントし、強化する

重大かつ不可欠な産業、および規制基準に対するコンプライアンスを管理する

Azure、AWS、Google Cloud Platform、そしてオンプレミスで実行されているワークロードの Threat Protection を有効にする

悪意のある攻撃からマルチクラウドとハイブリッド ワークロードを保護するために、脆弱性を検出する

クラウド リソースのセキュリティの状態を強化する

Azure、AWS、Google Cloud で実行されているクラウド リソースのセキュリティを継続的に評価します。主要な業界や規制の基準に合わせて調整された組み込みのポリシーや優先順位付けされた推奨事項を使用するか、組織のニーズを満たすカスタム要件を構築します。完全なデジタル フットプリントと外部攻撃面のシグナルを検出することによって、アクションにつながる分析情報を収集し、それらを使用して推奨事項を自動化し、リソースが安全に構成され、コンプライアンスのニーズを満たしていることを確認します。

詳細情報

脅威からクラウドおよびハイブリッド ワークロードを保護する

Microsoft Defender for Cloud を使用すると、マルチクラウド環境とハイブリッド環境全体で進化する脅威から保護できます。業界をリードするセキュリティ調査からの分析情報を使用して脆弱性を理解し、VM、コンテナー、データベース、ストレージ、アプリ サービスなどの重要なワークロードをセキュリティで保護できます。多くのオプションを使用して、セキュリティ管理を 1 か所から自動化し、合理化します。

マルチクラウドとハイブリッド環境における重要なワークロードの脅威からの保護

Microsoft Defender for Cloud の強化されたセキュリティ機能を 30 日間無料で試してみてください。その後、選択したワークロード保護の種類に従って、ご利用料金をお支払いください。

Azure 無料アカウントで作業を開始する

無料で開始しましょう。 $200  クレジットを取得して 30 日間使用できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスと 40 を超える他のサービスを無料で利用できます。

クレジットを受け取った後は、プリペイドに移動すると、同じ無料サービスを使用して構築を続けることができます。月ごとの無料枠を超えて使用した場合にのみ料金が発生します。

12 か月経過後も、40 を超えるサービスを常に無料で利用でき、月ごとの無料枠を超えて使用した分のみ料金が発生します。

企業が Defender for Cloud を使用して、クラウド リソースを保護する方法を確認します

Rabobank は Microsoft Security を使用して、より安全なグローバル IT 環境を拡大

"We wanted protection and visibility everywhere. That's why we use Defender for Cloud—it gives us single pane of glass visibility across our hybrid and multicloud environment."

Rabobank のサイバー防御センターにて、グローバル サービスの所有者を務める Raoul van der Voort 氏
Rabobank

Microsoft Defender for Cloud を使用した脅威からの保護

"[Microsoft Defender for Cloud] gives us the single pane of glass that enables us to improve our cloud security posture. We can now view recommendations on how to secure our services, receive threat alerts for our workloads, and quickly pass all that information to Microsoft Sentinel for intelligent threat hunting."

Stuart Gregg、Cyber Security Operations Lead、ASOS
ASOS

ヨーロッパの電力会社が Azure でセキュリティを強化

"Within [Microsoft Defender for Cloud], we can see, on a per-subscription basis, which resources aren't following best-practice configurations, and we support the internal customers for their own subscriptions by helping to remedy security vulnerabilities."

Astrit Dibrani、Regional Lead、South Orange Networks
Vattenfall

ドキュメンテーション、トレーニング、その他のリソース

始まりました

無料の Azure アカウントを設定します。

Microsoft Defender for Cloud に移動して、クラウド セキュリティ態勢を評価します。

Microsoft Defender for Cloud (以前の Azure Security Center と Azure Defender) の Total Economic Impact™ を理解します。

統合されたセキュリティ制御によってクラウドのセキュリティ リスクを軽減する方法を理解します。

Microsoft 外部攻撃面管理に関する詳細情報を確認します。

コミュニティに参加して、何百ものリソースにアクセスします

Microsoft Defender for Cloud Tech Community をフォローしてください。

最新情報をブログで購読してください

最新情報を確認し、製品内デモを参照するには、フィールド ビデオ シリーズの Defender for Cloud をご覧になりフォローしてください。

この対話型ガイドで製品の機能をご確認ください。

ドキュメント

ドキュメントやクイックスタート ガイドをご覧ください。

スクリプトやその他のリソースを見つけたり、ポリシーと構成の改善に協力していただくことができます。

Microsoft Defender for Cloud に関する FAQ

  • Microsoft Defender for Cloud は、クラウド構成全体に渡って弱点を抽出し、環境における全体的なセキュリティ体制を強化し、増大する脅威からマルチクラウドとハイブリッド環境全体に渡ってワークロードを保護できる Cloud Security Posture Management (CSPM) および Cloud ワークロード保護ソリューションです。
  • はい。Microsoft Defender for Cloud はマルチクラウド セキュリティ ソリューションです。Azure、AWS、Google Cloud 環境向けのネイティブ CSPM 機能を提供し、これらの環境全体の脅威保護をサポートします。

    Azure Arc を使用して、ハイブリッド シナリオで Azure 以外のワークロードを接続することもできます。

    詳細については、こちらの記事をお読みください。

  • いいえ。Microsoft Defender for Cloud の CSPM 機能は無料です。ワークロード保護機能は、リソースごとに課金されます。ワークロードを保護するために強化されたセキュリティ機能については、完全な価格表を参照してください。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。

どのようなご用件ですか?