Azure コンプライアンス

90 以上のコンプライアンス認証を持つ業界最先端のクラウド プラットフォームである Microsoft Azure を使用することにより、コンプライアンスを合理化できます

最も広範な認証セットを使用して、クラウド コンプライアンスを確保する

90 を超えるコンプライアンス認定資格をご利用いただけます。その中には、グローバル リージョンに加え、米国、欧州連合、ドイツ、日本語、英国、インド、中国など各国に固有な 50 以上のコンプライアンス認定資格があります。さらに、健康、政府、会計、教育、製造、メディアなど、主要産業の必要に固有な、35 以上のコンプライアンス認証も入手できます。新たに生じるコンプライアンス要件もカバーされます。Microsoft は、政府、規制当局、標準化団体、非政府組織とグローバルに連携しています。

Microsoft セキュリティ センターで Azure のコンプライアンス認証をご確認ください

Azure でサポートされている各コンプライアンス認証に関する 2 ページの PDF データシートは、以下で入手できます。

グローバル 米国の政府機関 地域/国に固有 業界に固有
CIS ベンチマーク CJIS BIR 2012 (オランダ) IT-Grundschutz (ドイツ) 23 NYCRR 500 (米国) GLBA (米国)
CSA STAR 証明 CNSSI C5 (ドイツ) LOPD (スペイン) AFM/DNB (オランダ) GxP (米国)
CSA STAR 認証 DFARS CS ゴールド マーク (日本) MeitY (インド) AMF/ACPR (フランス) HIPAA (米国)
CSA STAR の自己評価 DoD L 2、4、5 Cyber Essentials Plus (米国) MTCS Level 3 (シンガポール) APRA (オーストラリア) HITRUST (米国)
ISO 20000 DoE 10 DJCP (中国) マイ ナンバー法 (日本) CDSA KNF (ポーランド)
ISO 22301 EAR EN 301 549 (EU) ニュージーランド CC Framework CFTC 131 (米国) MARS-E (米国)
ISO 27001 FDA CFR Title 21 ENISA IAF (EU) PASF (UK) DPP (UK) MAS/ABS (シンガポール)
ISO 27017 FedRAMP ENS (スペイン) PIPEDA (カナダ) EBA (EU) MPAA (米国)
ISO 27018 FIPS 140-2 EU モデル契約条項 PDPA (アルゼンチン) FACT (UK) NBB/FSMA (ベルギー)
ISO 9001 IRS 1075 EU-US プライバシー シールド TISAX (ドイツ) FCA/PRA (UK) NEN 7510 (オランダ)
SOC 1、2、3 ITAR GB 18030 (中国) TRUCS (中国) FERPA (米国) NHS IG (UK)
WCAG 2.0 NIST CSF G-Cloud OFFICIAL (UK) 利用できません FFIEC (米国) OSFI (カナダ)
利用できません NIST 800-171 GDPR 利用できません FINMA (スイス) PCI DSS
利用できません Section 508 VPATs HDS (フランス) 利用できません FINRA (米国) RBI/IRDAI (インド)
利用できません 利用できません IRAP (オーストラリア) 利用できません FISC (日本) SEC 17a-4 (米国)
利用できません 利用できません ISMS (韓国) 利用できません FSA (デンマーク) Shared Assessments
利用できません 利用できません 利用できません 利用できません 利用できません SOX (米国)
Picis
“Microsoft has already done the work to ensure that data flows help us comply with regulations, including the Personal Information Protection and Electronic Documents Act in Canada and HIPAA in the United States.”
Eric Day 氏、副社長

クラウド コンプライアンスを簡略化して加速するツールにアクセスする

コンプライアンスに準拠したソリューションをより迅速に開発するのに役立つツールとガイダンスを入手しましょう。組み込みコンプライアンス コントロール、構成管理ツール、実装とガイダンスのリソース、第三者による監査レポートで、プロセスを速め、コストを削減できます。次のようなツールがあります。

Azure のセキュリティとコンプライアンスのブループリント—ISO:27001、PCI DSS、UK OFFICIAL などの認定を含め、準拠した環境の作成、デプロイ、更新を容易に行うことができます。

Azure Security Center—セキュリティ管理を統合し、Advanced Threat Protection をハイブリッド クラウド ワークロード間で有効にします。

Azure Policy: 使用するクラウド環境が内部のポリシーと外部の規則に準拠したものとなるようにするポリシーを定義し、適用します。

Ricoh
“Azure datacenters are also FedRAMP-certified, which is critical in pursuing US federal government work.”
David Greetham 氏、Ricoh USA の eDiscovery Sales and Operations 副社長

第三者によるレポートで Azure のセキュリティの証拠を確認する

世界で最も厳しいセキュリティとコンプライアンスの基準を使用して作成されたプラットフォームで、ソリューションを開発できます。Azure が、ISO 27001、ISO 27018、SOC 1、SOC 2、SOC3、FedRAMP、HITRUST、MTCS、IRAP、ENS のセキュリティ コントロールに準拠していることを実証する独立した監査レポートを入手できます。

サインアップ

各種サービスを 12 か月間無料で使用できます。さらに、$200 クレジットも取得できます。

詳細情報

チュートリアルとビデオを参照して、Azure を今すぐご利用ください。

構築

よく使われるサービスを確認して、ソリューションの構築を開始してください。