Azure での IBM ソフトウェアの試用

WebSphere や MQ などの IBM ソフトウェアは、Microsoft Azure Certified を取得しました。これらは、Microsoft Azure クラシック ポータルで使用できます。メリット IBM ソフトウェアのライセンスがあれば、Azure によるオンデマンドのインフラストラクチャ拡張を活用して、仮想マシンを簡単に起動できます。

3 つの簡単なステップで説明します。

IBM のサポート

IBM と Microsoft は、Azure でミッションクリティカルな IBM ソフトウェアを実行するお客様に、クラス最高のエンド ツー エンドのサポートを提供します。お客様は、Microsoft が提供する IBM ソフトウェア ラインセンスを利用できます。このライセンスは、仮想マシンにプレインストールされており、料金は “従量課金” されます。または、IBM ソフトウェアをすでに所有している場合は、IBM ポリシーに従って、Azure 仮想マシンにご自身でインストールできます。IBM と Microsoft により完全にサポートされることを理解しておくと、アプリケーションをデプロイする場所だけでなく、安全およびセキュリティの柔軟性と選択肢が増えます。

Microsoft 提供のイメージから VM を作成