Apache Kafka® 用の Azure Event Hubs の一般公開に関するお知らせ

2018年11月7日 に投稿済み

Program Manager, Azure Service Bus

今日のビジネス環境では、急速にデータ量が増え、リアルタイムでイベントに対応するという圧力が高まっているため、組織には、貴重な分析情報をより迅速に獲得し、競争上の優位性を高めるためのデータドリブン戦略が必要です。こうしたビッグ データの課題を解決するには、複数のプロデューサーとコンシューマーをサポートし、組織全体でデータ ストリームを接続する、大規模にスケーラブルな分散型のストリーミング プラットフォームが必要です。Apache KafkaAzure Event Hubs では、分散型のプラットフォームを提供します。

Azure Event Hubs と Apache Kafka の違いは?

Apache Kafka と Azure Event Hubs は、両方とも大規模なスケールでリアルタイムのストリーム インジェストを処理するように設計されています。概念的には、両方とも、分散型で、パーティション分割され、レプリケートされたコミット ログ サービスです。どちらも厳しいワークロードに対して水平スケーラビリティを提供するクライアント側のカーソル コンセプトを含むパーティション分割されたコンシューマー モデルを使用します。

Apache Kafka はオープンソースのストリーミング プラットフォームで、ソフトウェアとしてインストールされ、実行されます。Event Hubs は、クラウドのフル マネージド サービスです。Kafka は急速に成長している広範なエコシステムを持ち、オンプレミスとクラウドの両方に強力な存在感を持っていますが、Event Hubs はサーバーやネットワークを管理する必要がなく、またはブローカーを構成する心配のない、クラウドネイティブのサーバーレス ソリューションです。

Apache Kafka 用の Azure Event Hubs に関するお知らせ

Apache Kafka 用の Azure Event Hubs の一般公開についてお知らせします。Apache Kafka 用の Azure Event Hubs を使用して、Azure のセキュリティとグローバルなスケーリングに加え、Kafka のエコシステムとツールの両方の利点を最大限に活用できます。

この強力な新機能により、接続文字列を変更するだけで、Kafka プロトコルを使用してアプリケーションから Event Hubs にストリーミング イベントを直接開始することができます。既存の Kafka アプリケーション、フレームワーク、ツールを Event Hubs と通信させ、サービスとしてのプラットフォーム ソリューションの利点を活用できます。Zookeeper の実行、クラスターの管理、構成はいずれも必要ありません。

Kafka の Event Hubs では、Kafka のエコシステムの機能のロックを簡単に解除することもできます。Kafka Connect または MirrorMaker を使用して、コード行を変更せずに Event Hubs と通信することができます。GitHub のサンプル チュートリアルをご覧ください。

この統合により、Kafka アプリケーションを変更せずに Azure Event Hubs と通信できるだけでなく、Event Hubs の強力で一意な機能を活用することもできます。たとえば、Blob Storage または Data Lake Storage にシームレスにデータを送信することで、Event Hubs Capture を使った長期保有やマイクロバッチ処理が実現します。自動インフレを使用してスケーリングするタイミングと量を制御しつつ、ストリーム配信するデータをメガバイトからテラバイトへと容易にスケーリングできます。Event Hubs では、geo ディザスター リカバリーもサポートされます。Event Hubs は、Azure DatabricksAzure Stream Analytics、Azure Functions などの他の Azure サービスと緊密に統合されており、分析やプロセスをさらに進めることができます。

Kafka 用の Event Hubs では、Apache Kafka 1.0 以降から Apache Kafka Protocol までがサポートされ、ネイティブ AMQP 1.0 プロトコルにマッピングされています。Apache Kafka との互換性の提供に加えて、このプロトコル変換により、他の AMQP 1.0 ベースのアプリケーションが Kafka アプリケーションと通信できます。JMS ベースのアプリケーションでは、Apache Qpid™ を使用して、Kafka ベースのコンシューマーにデータを送信できます。

オープンで、相互運用可能な、フル マネージドの Apache Kafka 用の Azure Event Hubs。

次の手順

ほんの数回のクリックで実行し、Event Hubs を他の Azure サービスと統合してさらに分析を行うことができます。

このブログをお楽しみいただけましたか?機能の一覧の更新をフォローしてください。お客様のフィードバック、ご質問、ご意見を以下にご記入ください。

ストリーミングをお楽しみください!