DocumentDB の価格

高い処理能力、世界規模の NoSQL データベースサービス

DocumentDB は、世界中に分散されたアプリを作成するための、高い処理能力を有する世界規模の NoSQL データベース サービスです。DocumentDB を使用すれば、SQL と JavaScript のクエリを最大限に活用することができます。スキーマおよびインデックスの管理や、他のオンプレミスまたは仮想マシン ベースのクラウド オプションに伴う面倒な問題に対処する必要はありません。DocumentDB によって、99.99% の可用性の SLA、P99 での 10 ミリ秒未満の待機時間、明確に定義された一貫性の選択肢、そしてほぼ無限の規模がサポートされる、世界中に分散されたアプリを実現できます。

DocumentDB は、データをドキュメントのコレクションとして格納します。CRUD、SQL、JavaScript クエリなど、DocumentDB でサポートされるさまざまな種類の操作のほか、ドキュメントと連携するためのストアド プロシージャをアプリケーションで使用することができます。各コレクションについて、1 秒あたりの要求ユニット (RU) と呼ばれるスループットの単位を用いて、サポートされるすべての操作に対してスループットが保証されます。たとえば、1KB のドキュメントの読み取り操作には 1 RU を要します。予約済み RU は、保存されたデータの量に関わらず各コレクションで、プログラムまたはポータルを通じて調整を行うことができます。

価格の詳細

あらゆる規模でデータを格納し、スループット容量をプロビジョニングできます。各コレクションは、格納されたデータ量 (GB 単位) と、100 RU/秒の単位で予約されたスループットに基づいて 1 時間ごとに課金されます。

単位 料金
SSD ストレージ (GB あたり) $- GB/月
予約済み RU/秒 (100 RU ごと) $-
標準的なデータ転送速度が適用されます。月あたりの見積額は 1 か月に 744 時間として算出しています。

コレクションのスケーリング

高スループットでストレージ容量の多いワークロードには、コレクション作成時にパーティション キーを定義してパーティション分割されたコレクションを作成することができます。パーティション分割されたコレクションは、格納されるデータ量と予約されるスループットが増加するにつれて、シームレスにスケールアウトします。

DocumentDB Emulator (Free)

Download the free DocumentDB Emulator to develop and test applications using DocumentDB from your local machine. Once you’re satisfied with how your application works, you can deploy it by just changing your configuration to point to an Azure DocumentDB instance.

geo レプリケーションによる世界規模のコレクション

DocumentDB コレクションは世界中に分散することができるため、簡単に世界規模でアプリを作成することができます。すなわち、すべてのデータが指定したリージョンに自動的にレプリケートされます。アプリは 1 つの論理エンドポイントで動作し続けますが、データは、データ一貫性99.99% の可用性のための直感的なプログラミング モデルを利用して、ユーザーに最も近いリージョンから自動的に提供されます。世界中に分散されたコレクションは、各リージョンで消費されたストレージと、各 DocumentDB コレクションで予約されたスループット x DocumentDB データベース アカウントに関連付けられたリージョン数に基づいて課金されます。リージョン間におけるレプリケーション データ転送には標準のデータ転送料金が適用されます。たとえば、3 つの Azure リージョンにまたがるデータベース アカウントと、1M RU と 2M RU でそれぞれプロビジョニングされた 2 つのコレクションがあるとします。最初のコレクションに対してプロビジョニングされる合計 RU は 3M RU (1M RU x 3 リージョン)、2 つ目のコレクションに対してプロビジョニングされる合計 RU は 6M RU (2M RU x 3 リージョン) となります。

高スループットで待機時間の短いクエリ

DocumentDB を利用することで、持続するデータ量を書き込むことができます。そのデータは、一貫した SQL クエリを実行するために、ソリッドステート ドライブ (SSD) と待機時間の短いアクセスのために設計された、書き込みに最適化され、ラッチのないデータベース エンジンを使用して、同時にインデックスが作成されます。データはグローバルに分散されますが、読み取りおよび書き込み要求は、常にローカル リージョンから提供されます。自動のインデックス作成動作をカスタマイズすることで、パフォーマンスをさらに最適化することができます。

事前定義されたパフォーマンスとサイズのコレクション

Until August 1st, 2017, current customers on S1-, S2-, or S3-sized collections can continue using them with a pre-defined 10GB of storage and throughput quantities that vary with the instance size: an S1 instance provides 250 RU/second and is billed at $-/時間; an S2 instance provides 1000 RU/second and is billed at $-/時間; an S3 instance provides 2500 RU/second and is billed at $-/時間. If you want to reconfigure throughput for these collections, see Changing performance levels using the Azure Portal. If you want to take advantage of partitioned collections, you need to convert your previously created S1, S2, or S3 collections to use the limitless throughput and storage scale described above, as described in Partitioning and scaling in Azure DocumentDB.

サポートおよび SLA

  • 一般公開されているすべての Azure サービス (Document DB など) のテクニカル サポートは Azure サポートを通じて提供され、1 月あたり $29.0 からご利用いただけます。課金やサブスクリプションの管理についてのサポートは、無料で提供されています。
  • SLA: DocumentDB リソースに対する操作の実行要求が 99.99% 以上の時間、正常に処理することを保証します。SLA の詳細については、SLA のページをご覧ください。

リソース

Calculator

計算ツール

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Frequently Asked Questions

購入の FAQ

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Product Details

サービスの詳細

詳細を表示するDocumentDB

Documentation

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します

今すぐサインアップして $200 の Azure クレジットを手に入れましょう

今すぐ利用を開始する