ナビゲーションをスキップする

Azure Cosmos DB の価格

あらゆるスケールに対応したオープン API を備えた、高速な NoSQL データベース

NoSQL および関係するワークロードをサポートするフル マネージドのサーバーレス分散型データベースである Azure Cosmos DB を使用して、あらゆる規模でアプリをすばやく簡単に開発できます。NoSQL データの速度と可用性が保証され、自動かつ即座のスケーラビリティと、オープンソースの PostgreSQL、MongoDB、Cassandra のサポートを取得できます。Azure Cosmos DB は、Dev/Test から運用まで、あらゆる規模のアプリに対してコスト効率の高い価格モデルを提供しています。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりに過ぎず、実際の価格設定としては意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、通貨換算レートによって異なる場合があります。料金は米ドルに基づいて計算され、毎月 1 日に更新される Thomson Reuters ベンチマーク レートを使用して変換されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft での現在のプログラム/プランに基づく価格を確認してください。価格の詳細については、Azure 営業担当者に問い合わせるか、価格クォートを要求してください。Azure の価格の詳細については、よく寄せられる質問を参照してください。

Azure Cosmos DB の価格モデル

Azure Cosmos DB では、Azure Cosmos DB アカウントで有効になっている、すべての選択済み Azure リージョン間の NoSQL データベース操作、使用済みストレージ、オプションの専用ゲートウェイに対して請求されます。

Azure Cosmos DB は PostgreSQL もサポートしており、これはノードあたりの仮想コア (コンピューティングとメモリ) とストレージとして請求されます。

データベース操作

すべてのデータベース操作のコストは正規化され、要求ユニット (RU) または仮想コア (コンピューティングおよびメモリ) のいずれかとして表されます。Azure Cosmos DB には、3 つのデータベース操作モデルが用意されています。

  • プロビジョニング済みスループットは、事前選択済みのデータベース運用容量を提供します。1 秒あたりの要求ユニット数 (RU/秒) で測定され、アカウントで有効になっているすべての選択済み Azure リージョンで時間単位に課金されます。SLA により、10 ミリ秒未満の読み取りと書き込みおよび 99.999% の可用性が世界中で提供されます。これは、低遅延と高可用性が保証されている必要がある大規模でクリティカルなワークロードに最適です。次の 2 つの容量管理オプションから選択できます。標準プロビジョニング スループットと自動スケーリング プロビジョニング スループット。プロビジョニング済みスループットのニーズを見積もるには、Azure Cosmos DB 容量計画ツール (RU 計算機) を使用します。
  • サーバーレスはオンデマンドのデータベース操作を提供し、各データベース操作に使用される要求ユニット (RU) に対して課金されます。サーバーレスでは、トラフィックが持続的でないスパイクのあるワークロードを簡単に実行できるようになります。リソースの計画や管理なしで、トラフィックのバーストをオンデマンドで処理できます。
  • 仮想コア/ノードは Azure Cosmos DB for PostgreSQL で使用できます。このモデルでは、PostgreSQL で作成されたリレーショナル データに対して、数百ノードへの水平方向のスケールアウト機能が有効なります。

消費されたストレージ

トランザクションおよび NoSQL データの分析用ストレージは、お客様のデータベースが分散されているすべての Azure リージョンにおけるデータとインデックスによる消費量に応じて、GB 単位で課金されます。

NoSQL データのバックアップ ストレージが定期的または継続的です:

  • Continuous backup is available free with a 7-day retention period, or with a 30-day retention period billed as GBs stored across all Azure regions your database is distributed to. Point-in-time restore from the database backup is billed as GBs of data restored to one Azure region. Continuous backup can be enabled on accounts using Azure Cosmos DB for NoSQL or Azure Cosmos DB for MongoDB.
  • 定期的バックアップは既定で有効になっており、2 つのバックアップ コピーが無料で提供されます。また、追加のコピーは、2 つの Azure リージョンにまたがる格納データの合計 GB 単位で課金されます。

ノードごとのストレージは PostgreSQL データで使用できます。バックアップ ストレージは、特定のノード上にプロビジョニングされたストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。

専用ゲートウェイ

専用ゲートウェイには、選択されたコアおよびメモリの数に基づいて、設定された専用のコンピューティング リソースに対して時間単位で課金されます。専用ゲートウェイは、お客様の Azure Cosmos DB アカウントのバックエンド パーティションに対するリクエストをルーティングします。有効にすると、Azure Cosmos DB for NoSQL との統合キャッシュをサポートできます。

リージョンでのデータ分散

Azure Cosmos DB は、プロビジョニング済みスループット向けに、任意のまたはすべての Azure リージョンにわたるデータ レプリケーションと分散をサポートします。お客様の Azure Cosmos DB アカウントのリージョンは、いつでも追加したり削除したりすることができます。複数リージョン分散を有効にすると、プロビジョニング済みスループット、使用済みストレージ、専用ゲートウェイは、アカウントに関連付けられたすべてのリージョンにわたって課金されます。

オプションで、複数リージョンの書き込みに対してアカウントを有効にすることができます。このように構成すると、アカウントは複数リージョンの料金で課金されます。

Azure Cosmos DB for PostgreSQL は、数百ノードへの水平方向のスケールアウト機能を提供しているため、以下を必要とするハイ パフォーマンスのワークロードに最適です。

  • 手動シャーディングのコストをかけずに動的なスケーラビリティを実現し、アプリケーションの再設計を減らす
  • 同じデータベース上で実行するトランザクションおよび分析クエリ

Azure Cosmos DB for PostgreSQL の詳細情報

単一ノード

単一ノード サイズ (コンピューティングとメモリ)

単一ノードでは、開発/テストおよび増大するワークロードに対しコスト効率の高いオプションが提供されるため、単一ノードで Azure Cosmos DB for PostgreSQL の使用を開始してスケールアウトの準備を整えることができます。

仮想コア/ノード メモリ (GiB)/ノード 料金/ノード
2 8 GiB $-
4 16 GiB $-
8 32 GiB $-
16 64 GiB $-
32 128 GiB $-
64 256 GiB $-

単一ノード ストレージ – 汎用ストレージ

Azure Cosmos DB for PostgreSQL 単一ノードのストレージを 128 GiB、256 GiB、512 GiB、1024 GiB、または 2048 GiB に構成できます。1024 GiB と 2048 GiB のストレージは、8 個の仮想コア以上のコンピューティングでのみサポートされています。ストレージは、プロビジョニングするストレージ 1 GiB ごとに課金されます。

料金
128 GiB $-/月
256 GiB $-/月
512 GiB $-/月
1,024 GiB $-/月
2,048 GiB $-/月

マルチ ノード

ワーカー ノード サイズ (コンピューティングとメモリ)

Azure Cosmos DB for PostgreSQL の各マルチ ノード クラスターは、2 ワーカー ノードから開始されます。ワークロードが増大した場合は、仮想コア (論理 CPU) とメモリをワーカー ノードに追加できます。また、ワーカー ノードを追加して、Postgres クラスターをスケール アウトできます。

仮想コア/ノード メモリ (GiB)/ノード 料金/ノード 1 年予約* 3 年予約*
4 32 GiB $- $-
$-
8 64 GiB $- $-
$-
16 128 GiB $- $-
$-
32 256 GiB $- $-
$-
64 512 GiB $- $-
$-
96 672 GiB $- $-
$-
104 672 GiB $- $-
$-
*1 年および 3 年間の予約容量の詳細情報をご確認ください。

コーディネーター サイズ (コンピューティングとメモリ)

Azure Cosmos DB for PostgreSQL の各マルチ ノード クラスターには、コーディネーターが 1 つあります。ワークロードのパフォーマンス ニーズが高まれば、コーディネーターに仮想コア (論理 CPU) とメモリを追加できます。

仮想コア* メモリ (GiB) 料金 1 年予約** 3 年予約**
4 16 GiB $- $-
$-
8 32 GiB $- $-
$-
16 64 GiB $- $-
$-
32 128 GiB $- $-
$-
64 256 GiB $- $-
$-
96 384 GiB $- $-
$-

*コーディネーター ノード コンピューティングは、論理 CPU である仮想コア (vCore) でプロビジョニングされます。

**1 年および 3 年間の予約容量の詳細情報をご確認ください。

ノードごとのストレージ – 汎用ストレージ

Azure Cosmos DB for PostgreSQL ワーカー ノードとコーディネーター ノード用ストレージが、ノードあたり 512 GiB (0.5 TiB)、またはノードあたり 1 TiB あるいは 2 TiB になるように構成できます。汎用ストレージは、プロビジョニングしたストレージに対して GiB 単位で課金されます。

料金
0.5 TiB $-/月
1.0 TiB $-/月
2.0 TiB $-/月

次は、単一ノード クラスターとマルチ ノード クラスターで同じです

高可用性

高可用性 (HA) は、クラスター内の各ノードのスタンバイ レプリカを維持することでデータベースのダウンタイムを回避する機能です。ノードがダウンした場合、Hyperscale は、障害が発生したノードからそのスタンバイに受信接続を切り替えます。フェールオーバーは数分で完了し、昇格されたノードには、PostgreSQL の同期ストリーミング レプリケーションと同じ接続文字列を通じて常に最新のデータが格納されます。Azure Cosmos DB for PostgreSQL クラスターの HA を有効にすると、実質上、別のノード セットが作成されるため、クラスターの価格が 2 倍になります。

バックアップ ストレージ

バックアップ ストレージは、Azure Cosmos DB for PostgreSQL クラスターの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ ストレージは、特定のノード上にプロビジョニングされたストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。2023 年 5 月 1 日以降、追加バックアップ ストレージの使用については、月あたりの GiB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (1 GiB) $-/月

消費されたストレージ

Azure Cosmos DB では、無制限のトランザクションおよび分析ストレージ (Azure Synapse Link) が用意されており、geo レプリケーション用に選択したすべてのリージョンにおいてデータとインデックスによって使用された、SSD ベースの論理ストレージが GB 単位で課金されます。たとえば、Azure Cosmos DB アカウントを 3 つのリージョン間でレプリケートする場合は、3 つのリージョンそれぞれのストレージ コストの合計を支払うことになります。

データは、トランザクションと分析の 2 種類のストレージ層で管理されます。ワークロードは同じ論理データを使用して動作し、相互に干渉することはありません。トランザクション ストレージは既定で常に有効になりますが、(Core (SQL) API または API for MongoDB を使用して Azure Cosmos DB のデータに対して分析を実行するために Azure Synapse Link を使用するには、分析ストレージをお客様の Azure Cosmos DB コンテナーで明示的に有効にする必要があります。

プロビジョニング スループット (RU/秒) は、トランザクション ストレージの量に応じて、1 GB のストレージごとに 10 RU/秒の割合でスケーリングされます。ストレージの要件を見積もるには、容量計画ツールを使用し、ご自分のストレージのニーズに合わせて十分なスループットを確実にプロビジョニングしてください。

消費されたストレージ 合計 GB 料金
トランザクション ストレージ (行指向) 1 GB x N 個のリージョン $-/月
分析ストレージ (列指向) 1 GB x N 個のリージョン $-/月

バックアップ ストレージ 

アカウントで、NoSQL データの定期的または継続的バックアップのいずれかを選択できます。既定では、定期的バックアップがすべてのアカウントでアクティブになり、お客様のデータの 2 つのバックアップ コピーが無料で保存されます。定期的なデータ バックアップは、geo、ローカル、またはゾーンで回復できるよう構成できます。詳細については、テクニカル ドキュメントをご覧ください。

定期的バックアップ ストレージ 合計 GB GB あたりの料金
保存済み定期的バックアップ データ (2 つのコピー) コピーあたり GB 無料/月
保存済み定期的バックアップ データ (2 つ未満のコピー) コピーあたり GB $-/月

継続的バックアップは、プロビジョニング済みスループット アカウントの定期的バックアップの代わりに Core (SQL) API または API for MongoDB のいずれかを使用してアクティブにすることができます。アクティブ化すると、選択したすべての Azure リージョンの格納データの合計量に基づいて、月単位でバックアップが課金されます。継続的バックアップ データからのポイントインタイム リストアは、プライマリの書き込みリージョンに復元されたデータの合計 GB 単位で課金されます。

継続的バックアップ ストレージ 合計 GB GB あたりの料金
継続的バックアップ データ – 7 日間の保持期間* GB x N 個のリージョン 無料/月
継続的バックアップ データ – 30 日間の保持期間 GB x N 個のリージョン $-/月
特定時点への復元 GB $-
*7 日間の保持期間を持つ継続的バックアップは、2024 年 6 月 30 日まで無料です。

分析ストレージ (Azure Synapse Link) トランザクション

分析ストレージの IO (入出力) トランザクションは、操作量に基づいて請求されます。

トランザクション 運用 料金
書き込み操作 - 分析ストレージ 10,000 $-
読み取り操作 - 分析ストレージ 10,000 $-
お客様のワークロードに対する分析ストレージ (Azure Synapse Link) 操作の詳細な見積もりについては、容量計画ツールを使用し、Azure Cosmos DB の分析ストア価格設定のドキュメントで詳細をご確認ください。

メモ:トランザクション ストレージの料金は、分析ストレージ使用量の影響を受けません。

専用ゲートウェイ

専用ゲートウェイにより、Azure Cosmos DB アカウントのバックエンド パーティションに要求がルーティングされます。有効にすると、お客様のアカウントに関連付けられているすべてのリージョンにコンピューティング リソースが作成されます。

統合キャッシュ

専用のゲートウェイ クラスターが作成されると、Azure Cosmos DB 統合キャッシュが追加コストなしで自動的に有効になり、読み取りのパフォーマンスをさらに向上させるために使用できます。Azure Cosmos DB for NoSQL では、統合キャッシュを使用できます。

名前 vCPU メモリ コスト (インスタンスごと、リージョンによって異なる)
専用ゲートウェイ - 汎用 - D4 4 16 GB $- / 時間
専用ゲートウェイ - 汎用 - D8 8 32 GB $- / 時間
専用ゲートウェイ - 汎用 - D16 16 64 GB $- / 時間

可用性ゾーン

Azure portal で Azure Cosmos DB アカウントに関連付けるリージョンを選択するときに可用性ゾーンを有効にすることができます。これにより、特定のリージョン内の複数のゾーン間でデータがレプリケートされることになり、そのリージョン内での冗長性が向上します。可用性ゾーンの対象となる Azure リージョンは、英国南部, 東南アジア, 米国東部, 米国東部 2, 米国中部, 西ヨーロッパ, 米国西部 2, 東日本, 北ヨーロッパ, フランス中部, and オーストラリア東部 です。

課金への影響は、以下のとおりです。

  • 標準プロビジョニング済みスループットを使用する単一リージョン書き込みアカウントの場合、1 秒あたりの要求ユニット (RU/秒) に可用性ゾーンとして指定された各リージョンの係数 1.25 が乗算されます
  • 単一リージョン サーバーレス アカウントの場合、要求ユニット (RU) に係数 1.25 が乗算されます
  • プロビジョニング済みスループットを使用するマルチリージョン書き込み (旧称「マルチマスター」) アカウントの場合、課金への影響はありません

Azure Cosmos DB を無料で試す

Azure Cosmos DB を無料で利用開始するには、さまざまな方法があります。

30 日間無料。限られた期間、非運用環境の Azure Cosmos DB データベースを実行できます。 作業の開始: 制限時間のある Azure Cosmos DB エクスペリエンスを、Azure のサブスクリプションがなくても、無料で使用できます。何回でも更新できます。
Azure Cosmos DB の Free レベル。Azure 環境内でアプリケーションの開発とテストや、小規模な運用環境ワークロードの実行を、無料で行うことができます。 作業の開始:新しいアカウントで Free レベルを有効にすると、Azure サブスクリプションごとに 1 つの Azure Cosmos DB アカウントの有効期間中、毎月 1,000 RU/秒のプロビジョニング済みスループットと 25 GB のストレージを無料で利用することができます。
Azure 無料アカウント。Azure を初めてご利用になりますか?Azure Cosmos DB およびその他の Azure サービスを使用して、実稼働前アプリケーションを開発し、テストできます。 作業の開始:12 か月の Azure の無料アカウントの一部として、Azure Cosmos DB などの Azure サービスをお試しください。30 日間使用できる $200 のクレジットを取得し、400 RU/秒のプロビジョニング済みスループットと 1 か月あたり 25 GB のストレージを無料でご利用いただけます。新しい Azure 無料アカウントでは、Azure Cosmos DB Free レベルで、追加のプロビジョニング済みスループットとストレージを利用することもできます。
Azure Cosmos DB ローカル エミュレーター。Azure サブスクリプションを作成したりコストを発生させたりすることなく、お客様のローカル コンピューターからアプリケーションをテストできます。 作業の開始:お客様のローカルの Windows または Linux コンピューターで、無料の Azure Cosmos DB エミュレーターをダウンロードします。データベースの準備ができたら、クラウドの Azure Cosmos DB インスタンスをポイントすることでデプロイできます。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解したり、コストの最適化について確認したり、カスタム提案を要求したりすることができます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Cosmos DB

Azure Cosmos DB の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

Azure Cosmos DB のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Cosmos DB のリソースをご確認ください。

  • 要求ユニットは、Azure Cosmos DB におけるデータベース操作の単位です。書き込み、更新、読み取り、クエリの実行などの各操作は、CPU、メモリ、IOPS リソースを消費します。これらのリソースに対して、要求ユニット (RU) 単位で表された料金が発生します。プロビジョニング スループットはデータベース操作の合計スループット容量であり、1 秒あたりの要求ユニット (RU/秒) として設定されます。詳細については、Azure Cosmos DB の要求ユニットに関するページを参照してください。
  • 料金は、ご使用のデータベースまたはコンテナーに対して設定したプロビジョニング スループット (要求ユニット/秒 (RU/秒) で表される) に対して時間単位で請求されます。

    個々のコンテナーの標準プロビジョニング スループット:

    米国東部 2 の Azure Cosmos DB データベース アカウントで、標準プロビジョニング スループットが 500 RU/秒と 700 RU/秒の 2 つのコンテナーを作成した場合、プロビジョニング スループットは合計で 1,200 RU/秒になります。そのため、請求される額は 12 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各コンテナーの容量を 500 RU/秒増やし、さらに 20,000 RU/秒を使用する新しいコンテナーを作成した場合は、合計で 22,200 RU/秒 (1,000 RU/秒 + 1,200 RU/秒 + 20,000 RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は $- x 222 = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 1,200 RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 22,200 RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $-/月 となります。

    データベース (コンテナー セット) のプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 のアカウントで Cosmos DB データベースを 2 つ (それぞれコレクションのセットを含む) 作成し、それぞれ 50K RU/秒と 70K RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 120K RU/秒になります。そのため、請求される額は 1,200 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各データベースのプロビジョニング スループットを 10K RU/秒増やした場合は、合計で 140K RU/秒 (60K RU/秒 + 80K RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は 1400 * $- = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 120K RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 140K RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $- + $- = $-/月 となります。

  • 自動スケーリング (以前の "オートパイロット") を使用して、ご使用のデータベースまたはコンテナーがスケーリングできる最大プロビジョニング スループットの上限を RU/秒単位で設定します。使用したプロビジョニング スループットの RU/秒に対して時間単位で課金されます (400 要求ユニット/秒 (RU/秒) または最大 10% から開始)。たとえば、最大 8,000 RU/秒に設定すると、Azure Cosmos DB は実際の使用状況に基づいて 800 から 8,000 RU/秒の間で自動的にスケーリングします。
  • 新しい Azure Cosmos DB アカウントで有効になっている場合、Free レベルではそのアカウントの有効期間中、最初の 1,000 RU/秒と 25 GB のストレージを無料で利用できます。また、共有スループット データベースを使用する場合は、データベース レベルで 1,000 RU/秒を共有する最大 25 個のコンテナーを作成できます (Free レベル アカウントあたり最大 5 つの共有データベース)。お客様は、Azure サブスクリプションごとに最大 1 つの Free レベル アカウントを持つことができ、アカウントの作成時にオプトインする必要があります。
  • Free レベルのアカウントでは、最初の 400 RU/秒のプロビジョニング スループットと 5 GB のストレージを毎月無料で利用できます。400 RU/秒と 5 GB のストレージを超過したプロビジョニング スループットとストレージについては、Azure Cosmos DB の通常の料金で課金されます。400 RU/秒は、標準プロビジョニング スループット、自動スケーリング プロビジョニング スループット、マルチリージョンの書き込み (マルチマスター) に適用されます。Free レベルはサーバーレスには適用されません。

    Free レベルの割引は、アカウント レベルで適用されます。たとえば、1 か月のうち、1 つのアカウントに合計で 400 RU/秒と 3 つのリージョンがあり、各リージョンに 5 GB がある場合、そのアカウントには、その月の 1 時間ごとに 800 RU/秒 (400 RU/秒 x 3 リージョン - 400 RU/秒) と 10 GB のストレージ (5 GB x 3 リージョン - 5 GB) に対して課金されます。リージョンの RU/秒とストレージの料金が異なる場合、割引価格にはアカウントが作成されたリージョンの料金が反映されます。

  • (データベースとコンテナーを伴う) Azure Cosmos DB アカウントを複数の地理的リージョンに分散することを選択した場合、各リージョンのコンテナーごとのスループットとストレージ、およびリージョン間のデータ転送に対して課金されます。たとえば、米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じであると仮定します。今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 10K RU/秒 * 24 * 31 1 時間あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 3 * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 時間あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    また、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

  • 複数の地理的リージョンをまたいでコンテナーを運用することにした場合は、各リージョンのコンテナーごとのプロビジョニング スループットとストレージのほか、リージョン間のデータ転送に対して課金されます。プロビジョニング スループットに対して課金されます。
  • ストレージ容量は、1 か月にわたり保存されていた、1 時間あたりの最大データ量 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 100 GB のストレージを使用し、後半は 50 GB を使用した場合、その月は 75 GB に相当するストレージが課金されることになります。

  • コンテナーまたはデータベースが存在した時間単位で請求されます。使用量は考慮されず、コンテナーまたはデータベースがアクティブだった時間が 1 時間未満の場合も同様です。たとえば、コンテナーまたはデータベースを作成し、それを 5 分後に削除した場合でも、1 時間分の料金が請求されます。

  • 特定の 1 時間の中の最大のプロビジョニング スループットが請求されます。

    たとえば、プロビジョニング済みスループットを午前 9:30 に 400 RU/秒から 1,000 RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング済みスループットを 400 RU/秒に戻した場合、1,000 RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

    特定のコンテナーまたはコンテナー セットについて、プロビジョニング スループットを午前 9:30 に 100K RU/秒から 200K RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング スループットを 100K RU/秒に戻した場合、200K RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

  • Azure portal、サポートされているいずれかの SDK、ARM テンプレート、PowerShell、Azure CLI、REST API を使用して、各コンテナーまたはデータベースのプロビジョニング済みスループット (つまり 1 秒あたりの要求ユニットの数) をスケールアップまたはスケールダウンできます。

  • Azure Cosmos DB の予約容量は、プロビジョニング スループットの料金 1 年分または 3 年分を前払いした場合に割引されるため、経費を節減するのに役立ちます。予約容量では、課金割引が適用されても、ご使用のリソースのランタイム状態は維持されます。Azure Cosmos DB の予約容量は、Azure portal で購入できます。予約容量について詳しくは、Azure Cosmos DB のドキュメントをご覧ください。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?