ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure Managed Disks でのカスタマーマネージド キーを使用した暗号化の一般提供が開始されました

公開日: 4月 01, 2020

Azure をご利用のお客様は、Managed Disks 用のプラットフォームマネージド キーが既定で有効になっており、サーバー側の暗号化をすぐにご利用いただけます。カスタマーマネージド キーを使用したサーバー側暗号化では、お客様のコンプライアンスのニーズに合わせて暗号化キーを制御できるため、プラットフォームマネージド キーが強化されます。現在、お客様は Azure Disk Encryption を使用することもできます。これは、Windows の BitLocker 機能と、Linux の DM-Crypt 機能を活用して、ゲスト VM 内のカスタマーマネージド キーを使用して Managed Disks を暗号化します。カスタマーマネージド キーを使用したサーバー側暗号化では、Azure Disk の暗号化が強化されます。これは、Storage サービス内のデータを暗号化することにより、お客様があらゆる種類の OS やイメージ (お使いの仮想マシン用のカスタム イメージを含む) を使用できるようにすることで実現します。

カスタマーマネージド キーを使用したサーバー側暗号化は、Azure Key Vault と統合されています。これは、ハードウェア セキュリティ モジュールによってサポートされるキーに対応した、可用性が高くスケーラブルな保護されたストレージを提供します。Azure Key Vault で Bring Your Own Keys (BYOK) を使用するか、新しいキーを生成することができます。

ブログ投稿を読む

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Managed Disks
  • Services

関連製品