提供中

Scheduler のサービス停止日を 2019 年 12 月 31 日まで延長

Updated: 9月 23, 2019

2018 年 9 月に、Scheduler のスタンドアロン サービスを 2019 年 9 月 30 日に終了するという 12 か月前までの通知をお知らせしていました。

お客様からのご意見やご要望にお応えし、Scheduler のサービス停止日を延長します。最新のタイムラインは、次のとおりです。

·    2019 年 9 月 30 日 - 無料の SKU Scheduler ジョブ コレクションは無効になります。既存ジョブの実行は停止されますが、引き続き移行用にジョブからデータを取得することができます。

·    2019 年 9 月 30 日 - すべての SKU のジョブ コレクションの作成機能が、Azure Portal で無効になります。既存の Standard、P10、P20 Scheduler リソースは、引き続き実行されます。また、既存のジョブ コレクションも引き続き管理できます。

·    2019 年 10 月 31 日 - Scheduler が Azure Portal から削除されます。既存の Standard、P10、P20 Scheduler リソースは引き続き実行され、API および SDK 経由でアクセスできます。Scheduler が Azure Portal から削除された後にジョブを実行しない場合は、2019 年 10 月 31 日までに、ジョブ コレクションを無効にするか、削除してください

·    2019 年 12 月 31 日 - Scheduler が完全に停止されます。すべてのスケジューラ ジョブの実行が停止され、すべてのデータが削除されます。

Scheduler で構成したジョブを使用し続けるには、可能な限り早急に Azure Logic Apps に移行してください。Logic Apps を使用すると、既に使い慣れている Scheduler の機能のほかに以下のことが可能になります。

·    ビジュアル デザイナーとコネクタを使用して、Azure Blob Storage、Azure Service Bus、Microsoft Outlook、SAP など、200 を超えるさまざまなサービスと統合する。

·    スケジュールされた各ワークロードを最上級の Azure リソースとして管理する。

·    1 つのロジック アプリを使用して、複数の 1 回限りのジョブを実行する。

·    夏時間に合わせて自動調整されるスケジュールを設定する。

必要なアクション

高度な機能を利用するために、また、サービスが中断しないように、スケジュールされたご自身のジョブは可能な限り早急に Logic Apps に移行してください。

移行に関するガイダンスと FAQ をお読みになり、Scheduler から Logic Apps への現在のジョブの移行を開始してください。

ご質問がございましたら、Microsoft にお問い合わせください

 

  • Scheduler
  • Retirements

Related Products