Blob Storage

非常にスケーラブルな非構造化データ用オブジェクト ストレージ

Blob Storage はエクサバイト単位の容量と極めて高いスケーラビリティを備えており、必要なデータ アクセス頻度に応じてホット レベル、クール レベル、またはアーカイブ レベルに、数百個から数十億個のオブジェクトを保管できます。画像、ビデオ、音声、ドキュメントなど、あらゆる種類の非構造化データを簡単に、かつ高いコスト効率で保存できます。

スケーリング自在なホット、クール、アーカイブ レベル

日程、サーバー、ラックの追加にお困りですか?もう心配ありません。Blob Storage では、ニーズの変化に応じてスケールアップ、スケールダウンが可能なので、お客様の非構造化データをすべて処理することができます。お客様がストレージを管理する必要はなく、お支払いは使用した分のみであるため、オンプレミス ストレージの場合と比べて費用も抑えられます。データへのアクセス頻度に応じて、ホット、クール、アーカイブのいずれかのストレージ レベルを選ぶことができます。滅多にアクセスしないデータはクールおよびアーカイブのストレージ レベルに格納し、頻繁にアクセスするデータはホットのストレージ レベルに格納しましょう。

拡張性とセキュリティを高めながら低コストを維持

Azure Blob Storage を選ぶ理由

どのクラウド オブジェクト ストレージも同じではありません。Azure は以下のものを提供します。

強力な一貫性

オブジェクトの変更時には、すべての場所で検証が行われてデータ整合性が確保されるため、いつでも確実に最新バージョンのデータにアクセスできます。

オブジェクトの可変性

インプレースでの編集が可能な柔軟性により、アプリケーションのパフォーマンスを向上させながら帯域幅の消費を抑えることができます。

複数の BLOB タイプ

Block、Page、Append の各 BLOB により、最大限の柔軟性をもってニーズに合わせストレージを最適化することができます。

使いやすい地理的冗長性

各種 geo レプリケーション オプションを単一のメニューで自動構成し、グローバルおよびローカル アクセスを拡張してビジネス継続性を強化できます。

1 つのインフラストラクチャで世界規模のアクセスを

REST ベースの Object Storage により、ユーザーはどこにいても非構造化データを利用できます。世界中のリージョンに対応しているためメディアのストリーミングと保管に最適であり、2016 年リオ オリンピックのようなライブ中継イベントにも、ペタバイト単位の映画やテレビ番組を長期保管する場合にも利用できます。ビッグ データ解析により大容量の Object Storage に潜む洞察を探すことも可能であり、ユーザーの居場所にかかわらず、適切なユーザーに適切なタイミングでアクセスを提供することができます。

あらゆるデータをクラウド規模で

実証済みのテクノロジにより、画像、ビデオ、音声、ドキュメントなど、あらゆる種類の非構造化データをエクサバイト規模で保存できます。Blob Storage では、世界中のお客様を対象に数兆個の格納オブジェクトを処理しており、平均で 1 秒あたり数百万件の要求に対応可能です。

“Azure のクラウドにあらゆるものを置けるので、真の大容量データ ソリューションを実現することができました。また、こうしたソリューションはお客様にとっては管理が複雑なものなのですが、アクセス用のブラウザーを備えたインターネット接続環境さえあれば利用できるサービスとして提供できています。”

Hans van Eijk 氏、グローバル製品戦略ディレクター、CycloMedia

パートナーを検索する

Blob Storage の概要