ナビゲーションをスキップする

Azure リージョン

Azure には、他のどのクラウド プロバイダーよりも多くのグローバル リージョンがあります。これにより、世界中のユーザーの傍にアプリケーションを届けるために必要なスケールを提供します。また、データの保存場所を確保し、お客様に包括的なコンプライアンスと回復性のオプションを提供します。

54
リージョン
世界全域
140
利用可能な国は
140 か国
Azure リージョンのグローバル マップ Azure リージョンのグローバル マップ

* Azure Government 用の非公開のリージョンが 2 箇所存在します

Azure グローバル インフラストラクチャを理解する

リージョン

リージョンは、待ち時間で定義された境界内でデプロイされ、待ち時間の短い専用リージョン ネットワークを介して接続された一連のデータセンターです。

他のどのクラウド プロバイダーよりも多くのグローバル リージョンを提供している Azure では、お客様が必要に応じてアプリケーションを自在にデプロイできます。Azure は世界中の 42 のリージョンで一般公開されており、12 のリージョン向けにプランが発表されています。

リージョンごとに利用可能な Azure 製品を確認する

地域

地域は独立したマーケットです。通常、2 つ以上のリージョンを含み、データの保存場所とコンプライアンスの境界を保持します。

地域では、データの保存場所とコンプライアンスに関して特定の要件を持つお客様が、データとアプリケーションを近くの場所に維持できます。地域はフォールトトレランスを備えており、キャパシティが大きい専用ネットワーク インフラストラクチャへの接続によってリージョン全体の障害に耐えられます。

詳細はこちら

可用性ゾーン

可用性ゾーンは、Azure リージョン内の物理的に分離された場所です。それぞれの可用性ゾーンは、独立した電源、冷却手段、ネットワークを備えた 1 つまたは複数のデータセンターで構成されています。

可用性ゾーンでは、高可用性と待ち時間の短いレプリケーションにより、ミッションクリティカルなアプリケーションを実行できます。

詳細はこちら

データの保存場所で完全な回復性を実現する。

同じデータの保存場所の境界内でリージョンと可用性ゾーンを組み合わせ、高可用性、ディザスター リカバリー、バックアップを可能にします。

自信を持って構築を行える回復性

Azure リージョン、地域、可用性ゾーンは Microsoft のグローバル インフラストラクチャの基盤を成し、高可用性、ディザスター リカバリー、バックアップをお客様に提供します。

Azure の回復性

どの Azure リージョンが適切ですか。

リージョンを選択する際には、以下の要素を検討してください。

コンプライアンスとデータの保存場所

御社または御社のお客様は、コンプライアンスやデータの保存場所について特別な要件を満たす必要がありますか。

利用可能なサービス

使用したい Azure サービスは、検討中のリージョンで提供されていますか。

リージョンごとに利用可能な Azure 製品を確認する

価格

意思決定を行ううえでコストは重要な要素ですか。

価格を確認する