Azure SignalR Service

アプリケーションにリアルタイム Web 機能を簡単に追加

Web アプリケーションにリアルタイム通信をすばやく簡単に組み込む

Azure SignalR Service では、サービスのプロビジョニングと同じくらい簡単に、リアルタイム通信機能を Web アプリケーションに追加できます。リアルタイム通信の専門家である必要はありません。

インフラストラクチャの管理ではなくコア ビジネスに集中する

ソリューションでリアルタイム機能が必要なため、サーバーをプロビジョニングして維持する必要はありません。完全なマネージド サービスである SignalR Service を利用すると、リアルタイム通信機能をアプリケーションに簡単に追加できます。ホスティング、スケーラビリティ、負荷分散などの細部を心配する必要はありません。

あらゆる Azure サービスを活用する

Azure が提供するすべてのものからの利点! Azure Functions、Azure Active Directory、Azure Storage、Azure App Service、Azure Analytics、Power BI、IoT、Cognitive Services、Machine Learning などのサービスと簡単に統合します。

Azure により、お客様はすばらしい成果を上げています

Azure SignalR Service で構築できる機能

Chat para várias plataformasAcelere o desenvolvimento de aplicações de chat fiáveis e de elevado desempenho123
  1. 概要
  2. フロー

クロスプラットフォーム チャット

概要

信頼性が高く高性能なチャット アプリケーションの開発期間を短縮します。

フロー

  1. 1 Web チャット アプリが SignalR Service に接続してトークンを受信します
  2. 2 ユーザーが多要素認証でアプリにログインし、成功した場合、SignalR のエンドポイントとベアラー トークンが返されます
  3. 3 エンドポイントとトークンを使ってユーザーが SignalR Service に接続します
Difusão Instantânea em Arquiteturas sem ServidorSimplifique comunicação "um-para-muitos" em tempo real e atualizações utilizando código sem servidor123456
  1. 概要
  2. フロー

サーバーレス アーキテクチャでのインスタント ブロードキャスト

概要

一対多で行われるリアルタイムの通信と更新を、サーバーレス コードを使って単純化します。

フロー

  1. 1 クライアントが Web アプリのコンテンツを Blob Storage からプルします
  2. 2 Web アプリが SignalR のトークンとエンドポイントを受信します
  3. 3 ユーザーが Web アプリに接続します
  4. 4 Functions を介して接続がデータベース イベントをトリガーします
  5. 5 Functions が SignalR Service にデータをプッシュします
  6. 6 さらにそのデータがクライアントにプッシュされます
Dashboard Web em tempo realMonitorize e controle em tempo real os dados transmitidos de dispositivos ligados à Internet1234
  1. 概要
  2. フロー

リアルタイム Web ダッシュボード

概要

インターネットに接続されたデバイスからストリーム配信されるデータを安全に監視して制御します。

フロー

  1. 1 Web アプリが SignalR Service に接続してトークンを受信します
  2. 2 ユーザーが Web アプリに接続して SignalR のエンドポイントとトークンを取得します
  3. 3 ユーザーが SignalR Service に接続します
  4. 4 リアルタイム ソースから SignalR Service とユーザーにデータが送信されます

関連製品およびサービス

Azure Functions

サーバーレス コードを使用してイベントを処理

App Service

Web およびモバイル向けのパワフルなクラウド アプリを短期間で作成

Azure SignalR Service を使ってみる