Trace Id is missing
メイン コンテンツへスキップ
Azure

SQL Server Stretch Database

オンプレミスの SQL Server データベースを Azure に動的に拡張します。

  • 必要なクラウド ストレージを使用して SQL Server 2016 を拡張

  • 拡張したデータにオンラインでアクセスし、クエリを実行

  • Always Encrypted などの高度なセキュリティ機能と併用

  • 低コストでウォーム データとコールド データを顧客に提供

  • データを簡単に移行—クエリやアプリケーションの変更は不要

  • オンプレミス データのメンテナンス コストとストレージ コストを削減

 

低コストでウォーム データとコールド データを提供

SQL Server Stretch Database を使用すると、2016 年Microsoft SQL Server から Microsoft Azure にウォーム およびコールド トランザクション データを動的に拡張できます。一般的なコールド データ ストレージとは異なり、データは常に手元にあります。Stretch Databaseを使用すると、破産することなく、より長いデータ保有期間を提供できます。ストレージを高額なオンプレミス ストレージに拡張するのではなく、データをクラウドに拡張します。Azure Storage なら、エンタープライズ ストレージを追加するのと比較して、経費を最大 40% 節約できます。データのアクセス頻度によって、適切なトランザクション レベルを選択できるため、必要に応じたスケールアップとスケールダウンが可能になります。詳細については、SQL Server Stretch Database 価格を参照してください。

クエリやアプリケーションを変更することなくデータを移行

オンプレミスまたはクラウドに拡張されている場合は、SQL Server データにアクセスします。データの保存場所を特定するポリシーを設定すれば、SQL Server がバックグラウンドでデータの移動を行います。テーブルはオンラインですぐにクエリを実行でき、既存のクエリやアプリケーションを変更する必要もなく、きわめて透過的です。

高度なセキュリティ オプションの利用

Stretch Database では、SQL Server の Always Encrypted を使用して、移動中のデータを暗号化できます。 行レベル セキュリティなどの高度な SQL Server セキュリティ機能も Stretch Database に対応しているため、安心してデータをクラウドに拡張できます。

オンプレミス データのメンテナンスを合理化

Azure にデータを移行することにより、オンプレミスのメンテナンス時間とストレージ フットプリントを削減できます。Stretch Database では、伸縮していないデータでの実行と比較して、オンプレミス データのバックアップを短時間で実行、完了できます。拡張したデータのバックアップは自動で実行され、さらにメンテナンスに費やす時間を削減できます。

簡単に管理

SQL Server Management Studio から Stretch Database を有効にできます。Azure Portal を使用し、追加設定を構成してパフォーマンス レベルを選択できるため、コストを調整しながら、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンできます。

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

ポリシーおよびコンプライアンスのデータとリソース セキュリティ ウイルス予防策を示す Azure Security Center の概要
推奨事項の一覧を示す Azure Security Center の [コンピューティングとアプリ] タブ。

Azure 無料アカウントで作業を開始する

1

無料で始めましょう USD200  相当のクレジットを取得して 30 日間使用できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスの多くを無料で利用できるほか、55 以上のその他のサービスが常に無料です。

2

クレジットがなくなった後に、同じ無料サービスでビルドを続けるには、従量課金制に移行してください。月々の無料使用分を超えた場合にのみ、お支払いいただきます。

3

12 か月が経過した後も、55 以上の常時無料サービスを引き続き利用できます。料金は、月々の無料利用分を超えて使用した分だけをお支払いいただきます。

無料の Azure アカウントで SQL Server Stretch Database をテストする