Azure Hybrid Use Benefit についてのよくあるご質問

  • Azure Hybrid Use Benefit を利用すると、お使いの Windows Server サーバーのライセンスからより多くの価値を得ることができます。また、仮想マシンにかかるコストを最大 40 パーセント*節約できます。この特典は、ソフトウェア アシュアランス対象の Windows Server Datacenter および Standard エディションのライセンスでご利用いただけます。エディションに応じてライセンスを変換または再利用し、Windows Server 仮想マシンを Azure で実行すると、低価格の基本コンピューティング料金 (Linux 仮想マシンの料金) で使用できます。

    * 実際に節約可能な料金は、リージョン、インスタンス タイプ、使用方法によって異なります。

  • Azure Hybrid Use Benefit の計算に使われる基本コンピューティング料金は、仮想マシンの Linux 料金と同じです。
  • Azure Hybrid Use Benefit の対象は、Windows Server Standard エディションおよび Datacenter エディションです。
  • 各 2 プロセッサ ライセンスまたは 16 コア ライセンスの各セットでは、最大 8 コアのインスタンスを 2 つ、または最大 16 コアのインスタンスを 1 つ利用できます。Standard エディションの Azure Hybrid Use Benefit ライセンスは、オンプレミスまたは Azure 内のどちらかで 1 度のみ使用できます。Datacenter Edition エディションの特典は、オンプレミスと Azure 内の両方で同時に使用することができます。
  • アクティブなソフトウェア アシュアランス付きの Windows Server Standard または Datacenter エディションのライセンスをお持ちの方は、Azure Hybrid Use Benefit を利用できます。特定のライセンス プログラムに限定されていません。
  • Datacenter Edition のお客様は、オンプレミスと Azure の両方でライセンスをご利用いただけます。Standard Edition のお客様の場合は、ライセンスの変換は可能ですが、Azure Hybrid Use Benefit を Azure に割り当てた時点で、Standard Edition のライセンスをオンプレミスで使用することはできなくなります。
  • Azure をお使いの方は、次の方法で Hybrid Use Benefit をアクティブにできます

  • Datacenter および Standard ライセンスで使用できる 4 つのイメージをご用意しました。イメージとお使いのエディションが一致する必要はありません。たとえば、Standard Edition をお持ちの場合でも、Datacenter Edition のイメージを使用できます。以下のイメージが提供されています。

    • Windows Server 2008 R2 SP1
    • Windows Server 2012 Datacenter
    • Windows Server 2012 R2 Datacenter
    • Windows Server 2016 Datacenter
  • Azure Hybrid Use Benefit は、2016 年 2 月以降の新規の Azure ワークロードで利用可能になっています。
  • いいえ。過去にさかのぼってこの特典を適用することはできません。
  • Azure Hybrid Use Benefit は、Azure クラウドのすべてのリージョンで利用可能です。
  • いいえ。Azure Hybrid Use Benefit の対象は、Windows Server Standard エディションおよび Datacenter エディションのみです。これとは別に、ライセンス モビリティを使用して既存の SQL Server ライセンスを追加料金なしでクラウドにデプロイできます。
  • はい。Windows Server には、ライセンスを最低 90 日間は同じハードウェアに割り当てておく必要がある、90 日の割り当てルールがあります。このルールは、Azure 仮想マシンにも適用されます。
  • 2 プロセッサの Windows Server ライセンスごと、またはソフトウェア アシュアランス対象の 16 コアの Windows Server ライセンスごとに使用できる台数は次のとおりです。

    • 最大 8 コアの仮想マシン 2 台まで、または
    • 最大 16 コアの仮想マシン 1 台。
  • はい。17 個以上のコアを持つ仮想マシンは、複数のライセンスを合わせることで実行できます。たとえば、2 プロセッサのライセンスを 2 つ、または 16 コアのライセンスを 2 つをお持ちの場合、最大 32 コアの仮想マシンを 1 台実行できます。以下は、構成オプションの例の一部です。
  • Core Infrastructure Suite (CIS) から Windows Server のライセンスを適用した場合は、Azure Hybrid Use Benefit をご利用いただけます。ただし、CIS の System Center コンポーネントは対象外です。
  • はい。Azure インフラストラクチャを再販売するパートナーを通して購入した場合、アクティブなソフトウェア アシュアランスの対象になっている限り、Azure Hybrid Use Benefit をご利用いただけます。たとえば、クラウド ソリューション プロバイダー経由で Azure を購入する場合も、Azure Hybrid Use Benefit の利用資格を有します。