Azure Synapse Analytics: 誰でも利用できる分析情報

2020年5月21日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Data

2019 年 11 月に発表した Azure Synapse Analytics は、エンタープライズ データ ウェアハウスとビッグ データ分析の両方を実現する無制限の分析サービスです。ここ数か月、あらゆる業界で大規模な混乱が発生していますが、このような緊急時においても、プライベート プレビューに参加して分析を利用することに対する高い活力と熱意が変わらないことを私たちは目の当たりにしています。プライベート プレビューに参加いただいているみなさまに感謝します。プライベートプレビューは、この革新的なテクノロジを確立し、洞察力に満ちたフィードバックをお送りいただくためのものです。この共同の取り組みにより、目的を持ってイノベーションを促進していきます。

プライベート プレビューの期間中、お客様とパートナーと緊密に連携しながら、私たちは、Azure Synapse がチーム、データ、スキルをどのようにまとめるかを目の当たりにしました。また、Build の基調講演で発表されているように、すべてのデータ プロフェッショナルに、パブリック プレビューで利用できる新しい機能を公開することを喜ばしく思っています。

誰でも利用できる分析情報

Azure Synapse を使用すると、データ ウェアハウスとビッグ データ分析システム全体のデータから、驚くような見解が得られます。この 2 つのシステムを 1 つのサービスに統合することは困難です。セキュリティ、プライバシー、パフォーマンスなど、概念は似ていても、それぞれのシステムで動作が異なるものを統合する必要があるためです。Azure Synapse はと、データ ウェアハウスとビッグ データのこのシームレスな統合を可能にします。ビジネスの分析プラットフォームが簡素化されるだけでなく、チームデータスキルの違いにより現在存在するサイロが解消されます。

チーム サイロ

データ チームは連携し、データをシームレスかつ安全に共同作業、共有、および分析できます。データ統合、データ ウェアハウジング、およびビッグ データ分析をすべて単一のインターフェイスから実行できるため、組織内でサイロ化されている情報を分析情報に変えることができます。

データ サイロ

あらゆる種類のデータを管理、保護、および分析できます。1 つのサービスで、データ ウェアハウスのリソースを使用して構造化データや半構造化データのクエリを実行できます。また、データ レイクの非構造化データに対してサーバーレス クエリを素早く実行することもできます。データ プロフェッショナルは、多数のサービスを組み合わせなくても、エンドツーエンドの分析ソリューションを構築できます。

Azure Synapse Link を使用すると、データ サイロを次のレベルに分解できます。Azure Synapse Link は、クラウド ネイティブ ハイブリッド トランザクション分析処理 (HTAP) を実装しており、現在パブリック プレビューで使用できます。このテクノロジによって、Azure データベース サービスと Azure Synapse の間の障壁がなくなります。お客様は、データ移動を管理したり、運用システムに負荷をかけたりすることなく、オペレーション データベースに保存されているライブ トランザクション データから、ワンクリックで分析情報を取得できます。

 新しい Azure Synapse Link テクノロジを使用すると、オペレーション データベースに保存されているライブ トランザクション データから、ワンクリックで分析情報を取得できます。

スキル サイロ

ビジネスに関する既存のスキルをすべて統合し、データをさらに活用できます。Azure Synapse では Apache Spark と SQL エンジンが緊密に統合されるため、使い慣れた SQL を好むデータ プロフェッショナルは、Spark を好むデータ プロフェッショナルとシームレスに共同作業できます。その逆も同様です。たとえば、SQL を使い慣れている、または SQL を好むユーザーは、T-SQL 言語を使用して Spark テーブルのクエリを実行できます。Python、Scala、SparkSQL、C# などの言語を好むデータ エンジニアやデータ サイエンティストは、データ パイプライン、データ レイク、およびデータ ウェアハウスに使用しているのと同じサービスで、データの変換、モデルのトレーニング、および概念実証の構築を行うことができます。

このようなサイロの解消が、Neogrid 社などの企業が Azure Synapse Analytics を選んでいる理由です。

「Azure Synapse は自然にコラボレーションを促進し、データ チームを統合します。同じ分析サービスで作業することで、チームは、高度な分析ソリューションをより迅速に開発でき、コンプライアンスに沿った方法でデータに安全にアクセスして共有するための簡素化された迅速な方法を提供できます。」

Emerson Tobar 氏 (Neogrid 社の CTO)

Neogrid 社のロゴ

業界最高レベルのコスト パフォーマンスによりコストを削減

ビジネスに関するあらゆる分析情報を提供することが、分析の主な目的です。ただし、このような分析情報の検出と共有に必要なコストも、同じように重要です。

Azure Synapse Analytics では、これらに対処できます。昨年のはじめ、広く知られる TPC-H ベンチマーク クエリを使用して、Azure Synapse、Amazon Redshift、Google BigQuery を比較した GigaOm による独自の調査を発表しました。この調査では、Azure Synapse が他のクラウド プロバイダーと比べて最大 14 倍も高速で、94% のコスト削減を実現できることがわかりました。数か月後、私たちは、TPC-DS ベンチマーク クエリを使用した、GigaOm による別のベンチマーク レポートを発表しました。これによって、Azure Synapse がコスト パフォーマンスの点で業界最高レベルであることが再確認されました。Azure Synapse を使用している企業は平均 271% の ROI を報告しており、現在、Microsoft は誰もが認めるリーダーであり続けています。

新しいパブリック プレビュー機能を使用すると、お客様はプロビジョニングされたワークロードに対して業界最高レベルのコスト パフォーマンスを引き続き維持できます。また、クエリ単位で課金される新しいサーバーレス消費モデルの利用を開始できます。データの分析方法は 2 とおりあるため、お客様は、ユース ケースごとに最もコスト効率がよいオプションを選択できます。

追加コストなしで高度なセキュリティを実現

データに関して、分析を通じて検出される分析情報は金と同じくらい貴重であるため、セキュリティとプライバシーは最重要です。データの常時暗号化など、高度なセキュリティおよびプライバシーが Azure Synapse のファブリックに組み込まれています。また、詳細なアクセス制御のために、企業は列レベルのセキュリティとネイティブの行レベルのセキュリティ、および動的データ マスキングを使用してデータを安全かつプライベートに保つことができ、機密データをリアルタイムで自動的に保護できます。最も重要な点は、Azure Synapse のすべてのお客様がこれらの重要な機能を追加コストなしで利用できるという点です。

今すぐご利用ください