Announcing Ultra SSD – 次世代の Azure Disks テクノロジー (プレビュー) のお知らせ

2018年9月24日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Storage, Media, and Edge
更新日 2019 年 8 月 15 日:Azure Ultra Disk Storage の一般提供が開始されました。詳細については、ブログ「Announcing the general availability of Azure Ultra Disk Storage (Azure Ultra Disk Storage の一般提供開始を発表)」を参照してください。

マイクロソフトのお客様は、最も要求が厳しいミッションクリティカルなワークロードをクラウドに移しています。私は、Microsoft Azure プラットフォーム用の新しいディスク サービスについてお知らせできることを嬉しく思っています。 Azure Ultra SSD は、マイクロソフトのお客様がほとんどの IO 集約型のワークロードを克服することを可能にします。Ultra SSD は新しい Azure マネージド ディスク サービスであり、一貫して短い待機時間と高い IOPS が必要な最も要求の厳しいワークロードの大半でミリ秒未満の待機時間を実現することで、前代未聞の極めてスケーラブルなパフォーマンスを提供します。Ultra SSD なら、最も要件の厳しいアプリケーションにも対応する業界最高レベルの IOPS、スループット、レイテンシをクラウド環境で実現できます。

Ultra SSD の登場により、Azure Virtual Machines でご利用いただける永続ディスクは、Ultra SSD、Premium SSD、Standard SSD、Standard HDD の 4 種類となりました。これは、業界で最も包括的なディスク サービスのラインナップといえます。Azure Ultra SSD は、現時点では、米国東部 2 でパブリック プレビュー段階にあります。こちらのフォームで、使用開始とアクセス リクエストを行うことをお勧めします。

Ultra SSD マネージド ディスクのメリット

Ultra SSD は、マイクロソフトの他のディスク サービスと同じレベルの可用性で最上のパフォーマンスを提供します。Ultra SSD の他のメリットとして、ディスクのパフォーマンスを動的に調整できることがあります。調整時に仮想マシンを再起動する必要はありません。Ultra SSD は、SAP HANA や、SQL や Oracle といったトップ クラスのデータベース、トランザクションの多いワークロードなどの入出力処理の負荷が高いワークロードに適した設計となっています。

Virtual Machines

Ultra SSD ディスクは、すべての Premium SSD 対応の Azure 仮想マシンで動作するように設計されています。ただし、プレビュー期間中は、サポートされる VM の種類は ES/DS v3 VM インスタンスに制限されます。

スケーラビリティとパフォーマンスの目標

Ultra SSD ディスクは、4 GiB から最大 64 TiB までの複数の固定されたサイズで提供される、IOPS とスループットを個別に構成できる柔軟なパフォーマンス構成モデルであることを特徴としています。

主要な特長を見ていきましょう。

  • ストレージ容量

Ultra SSD には、4 GiB から最大 64 TiB の範囲の異なるディスク サイズがあります。

  • IOPS

Ultra SSD は、300 IOPS/GiB の IOPS 制限をサポートし、ディスクあたり最大 160K の IOPS をサポートします。プロビジョニングした IOPS を達成するには、選択したディスクの IOPS が VM の IOPS 未満であることを確認してください。また、ディスクあたり 8 万を超える IOPS を実現したい場合は、Ultra SSD プレビュー プログラムの一環として近日提供予定の、新しい種類の VM をプロビジョニングする必要があります。

  • スループット

Ultra SSD ディスクでは、1 つのディスクのスループットは、プロビジョニングされた IOPS ごとに 256 KiB/秒に制限され、ディスクあたり最大 2000 MBps に制限されます (MBps = 秒あたり 10^6 バイト)。

次の表は、ディスク サイズごとにサポートされる構成をまとめたものです。

Ultra SSD Managed Disks のサービス内容

ディスク サイズ (GiB) 4 8 16 32 64 128 256 512 1,024 ~ 65,536 (1 TiB ずつ増加)
IOPS 範囲 100 ~ 1,200 100 ~ 2,400 100 ~ 4,800 100 ~ 9,600 100 ~ 19,200 100 ~ 38,400 100 ~ 76,800 100 ~153,600 100 ~ 160,000
スループットの上限 (MBps) 300 600 1,200 2,000 2,000 2,000 2,000 2,000 2,000

料金設定

Ultra SSD の価格は、プロビジョニングされるディスクのサイズ、プロビジョニングされる IOPS、およびプロビジョニングされるスループットに基づきます。制限付きのプレビューで利用できる新しい Ultra SSD の価格については、Azure ディスクの価格に関するページを参照してください。

使用を開始するには

Ultra SSD ディスクは、マネージド ディスクとして作成して管理できます。Azure Resource Manager (ARM) テンプレートを使用して、VM と Ultra SSD ディスクを展開できます。プレビュー段階の Ultra SSD の使用を開始する方法の詳細については、ドキュメント ページを参照してください。

数週間のうちに、Portal のサポートを有効にする予定です。現在開発中で間もなく利用可能になる他の機能には、ディスクのスナップショット、Azure Backup、Azure Site Recovery、Virtual Machine Scale Sets、Azure Disk Encryption、および異なるディスクの種類の間の移行などがあります。すべてのディスク操作の詳しい手順については、マネージド ディスクのドキュメントをご覧ください。

Ultra SSD は、現時点では、米国東部 2 リージョンで利用できます。プレビューへの参加に関心がある場合は、こちらのフォームに記入してアクセスをリクエストしてください。プレビュー期間中に他のリージョンが追加される予定です。この情報は、ドキュメント ページで確認できます。

詳しくは、Ignite のセッションをご覧ください。