提供中

Azure Disk Storage の共有ディスクを使用できるようになりました

公開日: 7月 21, 2020

共有ディスクは、1 つのディスクを複数の仮想マシンに接続できるようにする Azure Disk Storage の機能です。これにより、高速フェールオーバーや高可用性のために既知のデプロイ パターンを損なうことなく、クラスター化されたデータベース、並列ファイル システム、永続コンテナー、機械学習アプリケーションなどの最も要求の厳しいエンタープライズ アプリケーションをクラウドで実行することができます。

共有ディスクは、Azure Ultra Disk Storage と Azure Premium SSD で利用できるようになり、コストとパフォーマンスを最適化するためのさまざまなブロック ストレージ オプションを提供しています。 また、次のようなアプリケーションを Azure に簡単に移行するのにも役立ちます。 

  • SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス、スケールアウト ファイル サーバー、Windows Server 2008 以降で実行している SAP ASCS/SCS 

  • GFS2 または OCFS2 上で動作する Linux アプリケーション、または RHEL HA 8+、SUSE SLE HA 15+、Ubuntu 18.04+ 上で IO フェンシングを活用した分散型アプリケーション

Azure 共有ディスクの詳細についてご確認ください。

詳細については、共有ディスクの GA に関するブログをご覧ください。

  • Managed Disks
  • Features
  • Microsoft Inspire

関連製品