提供中

Azure File Sync のプライベート エンドポイントの一般提供が開始されました

公開日: 7月 09, 2020

Azure File Sync エージェント 10.1 以降、Azure File Sync は Azure File Sync が使用可能なすべてのパブリックおよび Azure 米国政府クラウド リージョンでプライベート エンドポイントをサポートしています。プライベート エンドポイントを使用すると、お使いの仮想ネットワークのアドレス空間内から、ストレージ同期サービスのプライベート IP アドレスを割り当てることができます。これにより、次のことが可能になります。

  • オンプレミス ネットワークから、VPN または ExpressRoute 接続によるプライベートピアリングを利用してご使用の Azure リソースに安全に接続できます。
  • Azure Files と File Sync のパブリック エンドポイントを無効にして、ご使用の Azure リソースを保護することができます。
  • ネットワーク境界からのデータの流出をブロックすることで、Azure 仮想ネットワークのセキュリティを強化できます。

Azure File Sync ネットワーク エンドポイントの構成の詳細についてご確認ください。

 

  • Features
  • Services