プレビュー

ADLS Gen 2 と深く統合するための Azure Data Explorer 機能のパブリック プレビュー

公開日: 5月 06, 2019

プレビュー段階の Azure Data Explorer の最新の機能を使用して、Azure Data Lake Store Gen 2 への投資を最大限まで活用します。

  • Data Lake に対するクエリ: お客様は、Azure Data Explorer にデータを取り込むことなく、ADLS Gen2 のデータにクエリを実行できます。 お客様は、データ レイクの履歴データにクエリを実行し、Azure Data Explorer にキャッシュされたほぼリアルタイムのデータと結合することができます。 
  • 継続データ エクスポート:この機能は、CSV ファイルまたは Parquet ファイルをイベント ハブ、IoT ハブ、またはその他の任意のパスを介してデータ ストリームとしてデータ レイクに書き込みます。これによって、最新のデータに対する分析ソリューションを構築し、シームレスにデータ レイクを満たすことができます。

詳細については、ブログ (英語) をご覧ください。使用開始するには、ドキュメントを参照してください。 

 

  • Azure Data Explorer
  • Features
  • Services
  • Microsoft Build