ナビゲーションをスキップする
提供中

PowerShell 7.0 の一般提供が開始されました

公開日: 3月 04, 2020

PowerShell の次のメジャー リリースである PowerShell 7.0 が使用できるようになりました。この最新リリースにより、PowerShell が完全にクロスプラットフォームの自動化ツールと構成フレームワークになります。PowerShell 7 では、新しいコマンドレットや API とバグ修正に加えて、次のようなその他多くの新機能を使用できるようになりました。

  • ForEach-Object -Parallel を使用したパイプラインの並列化。
  • 新しい演算子
    • 三項演算子 - a ? b : c。
    • パイプライン チェーン演算子 - || と &&。
    • Null 条件演算子 - ?? と ??=。
  • シンプルで動的なエラー ビューと、エラーを簡単に調査できるようにするための Get-Error コマンドレット。
  • ユーザーが暗黙的な Windows PowerShell セッションでモジュールをインポートできるようにする互換性レイヤー。
  • 新しいバージョンの自動通知。
  • PowerShell 7 から直接 DSC リソースを呼び出す機能 (試験中)。

機能と修正内容の詳細な一覧については、PowerShell 7.0 リリース ノートをご覧ください。

PowerShell Core 6.x から 7.0 への移行では、.NET Core 2.x から 3.1 への移行も留意されています。NET Core 3.1 では .NET Framework API のホスト (特に Windows上) が再び利用できるようになったため、既存の Windows PowerShell モジュールとの下位互換性を大幅に向上させることができます。これには、Out-GridView や Show-Command などの GUI 機能を必要とする Windows 上の多くのモジュールに加え、Windows に含まれる多数のロール管理モジュールが含まれています。

詳細については、モジュールの互換性の表をご覧ください。ここには、PowerShell 7 で動作する最新のモジュールを取得する方法が示されています。

詳しい説明

  • SDK and Tools