Power BI Embedded のシングルビジュアル埋め込み

2018年3月15日

 

ユーザーに対して、一般的な分析ページ以上のものを提供できます。アプリケーションにビジュアルを埋め込むと、ページ内に分析機能を追加し、ユーザーが日々のアクションに際して特に関連性が高く示唆に富むデータだけを参照できるようになるので、データに基づく意思決定がかつてないほど簡単になります。

きわめて柔軟な API により、ユーザーごとにどのビジュアルを表示するかを選択したり、ユーザーのセッション中に同一の iframe 内でビジュアルを切り替えたりすることができます。各ビジュアルのサイズとレイアウトは、新しい "カスタム レイアウト" 機能でいつでも最適化できます。

タイルの埋め込みとは異なり、ビジュアルを埋め込むときには、ビジュアルのレポートとレポート ページを指定します。表示するビジュアルと非表示にするビジュアルは、ページのビジュアルの一覧から定義します。この方法にはいくつかの利点があります。

  • ビジュアルの切り替え。同じレポートでビジュアルを切り替えれば、新しい埋め込みトークンを生成する必要がありません。ビジュアルの表示に関する定義を切り替えるだけで、既にレンダリングが済んでいるさまざまビジュアルを即座に表示できます。
  • 複数のビジュアルの表示。分析情報を確認するうえでビジュアルが複数必要な場合に、シングル ビジュアルにこだわる理由があるのでしょうか。それぞれのビジュアルについて表示の有無を定義する際には、同じ iframe にビジュアルを複数表示する選択肢が用意されており、これを利用した場合には各ビジュアルにリアルタイムでサイズと配置を定義することになります。ビジュアルを複数表示すれば、通常のレポートと同じようなレポート間のインタラクティビティとクロスフィルタリングも実現します。

新しい API は、Microsoft のライブ デモ ツール[Sample Report Visual]\(サンプル レポート ビジュアル\) を選択すると確認できます。シングルビジュアル埋め込みの詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。

無料アカウント

$200 の Azure クレジットを取得して、人気のサービスを 12 か月無料でご利用ください。

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

Join Microsoft for Startups and get free Azure services

詳細情報