提供中

容量ワークロード構成用の Power BI Embedded API

公開日: 1月 17, 2019

Power BI REST API および SDK は、Power BI Embedded でページングされたレポートのデータフローとワークロード設定を自動的に管理します。

  • Get Workload (ワークロードの取得) は、1 つのワークロードの現在の状態 (例: Enabled) と、合計メモリ容量のうちワークロードが使用できる最大メモリ比率を返します。
  • Get Workloads (複数ワークロードの取得) は、指定した複数の容量ワークロードの現在の状態を返します。API は、有効な各ワークロードについて、そのワークロードが使用できる最大メモリ比率も返します。
  • Patch Workload (ワークロードのパッチ) は、指定したワークロードの状態を Enabled または Disabled に変更します。ワークロードを有効にする場合は、そのワークロードが使用できる最大メモリ比率も設定する必要があります。

詳細情報

  • Power BI Embedded
  • Features
  • SDK and Tools

関連製品