ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure VMware Solution の配置ポリシーの一般提供開始

公開日: 12月 16, 2021

配置ポリシーは、Azure VMware Solution Software-Defined Data Center (SDDC) で仮想マシンを実行する際の制約を定義するために使用されます。これらの制約により、お客様は SDDC クラスター内のどこでどのように仮想マシンを実行するかを決定することができます。配置ポリシーは、ポリシーによる仮想マシン (VM) のパフォーマンス最適化をサポートし、SDDC クラスター内のポリシーに対するメンテナンス作業の影響を緩和するために使用されます。 

配置ポリシーを作成すると、指定した vSphere クラスターに vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS) ルールが作成されます。また、Azure VMware Solution 運用との相互運用性のための追加のロジックも組み込まれます。 

次の 2 つの基本的な配置ポリシーの種類がサポートされるようになりました。 

  1. 仮想マシン間: これは、VM 同士に適用されるポリシーを指します。 

  • VM 間のアフィニティのポリシーは、たとえばパフォーマンス上の理由で、指定した VM を同じホスト上でまとめて保持するように DRS に指示します。  

  • VM 間の非アフィニティのポリシーは、指定した VM を相互に分離して別個のホストで保持するように DRS に指示します。これは、アプリケーションの可用性を確保するために、仮想マシンを複数のホストに分散させる必要がある場合に便利です。 

  1. 仮想マシンから SDDC ホスト: これは、選択した VM が選択したホスト上で実行されるか、またはそれを回避するように適用されるポリシーを指します。 

  • VM とホスト間のアフィニティのポリシーは、定義されたホスト上で、指定した VM の実行を試みるように DRS に指示します。 

  • VM とホスト間の非アフィニティのポリシーは、定義されたもの以外のホストで、指定した VM の実行を試みるように DRS に指示します。 

上記に加え、Azure VMware Solution では、"VM の移動を制限する" と呼ばれるポリシーを通じ、選択した VM の vMotion を制限することができるようになりました。有効にすると、vSphere DRS は仮想マシンを現在常駐しているホストから自動的に vMotion しないようになります。これは、vMotion の影響を受けやすいワークロードに適しています。 

Azure VMware Solution における配置ポリシーの要件と、その作成および適用方法の詳細については、ドキュメントをお読みください。  

  • Azure VMware Solution
  • Features
  • Services