ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure Machine Learning での責任ある ML の新たなイノベーション

公開日: 5月 19, 2020

人工知能 (AI) を採用することを検討している組織は、責任を持って AI を開発して使用する上での大きな課題を抱えています。組織がこの障壁を克服できるようにするために、Microsoft は、Aether Committee とその作業部会との共同作業において、Azure での責任ある AI についての最新の調査を実施しています。Azure Machine Learning の新しい責任ある ML 機能と、Microsoft のオープンソース ツールキットを使用することで、データ サイエンティストや開発者は機械学習モデルを理解し、ユーザーとそのデータを保護し、エンドツーエンドの機械学習プロセスを制御できます。 

  • 理解: Azure Machine Learning のモデルの解釈可能性機能と、Fairlearn を使用した公平性の評価と軽減機能により、より正確で公平なモデルを開発することができます。 
  • 保護: 新しい差分プライバシー WhiteNoise ツールキットを Azure Machine Learning と共に使用すると、お客様は個人のプライバシーを保護しながら、機密データを使用して機械学習モデルを作成することができます。これは、Microsoft とハーバードの IQSS and School of Engineering の研究者との間のパートナーシップの結果です。Confidential 機械学習機能を使用すると、Microsoft のデータ サイエンス チームは、データを見ることができなくても、セキュリティで保護された環境で機密データに対するモデルを構築することができます。このような Confidential 機械学習機能を、今年後半に開発者やデータ サイエンティスト向けに提供いたします。 
  • 制御: Azure Machine Learning には、規制要件を満たせるよう、系列を自動的に追跡し、ML 資産の監査証跡を維持する機能が用意されています。データシートは、ML 資産をドキュメント化し、データ サイエンティスト、監査機関、意思決定者に透明性を提供するための標準化された方法を提供します。開発者やデータ サイエンティストは、Azure Machine Learning でカスタム タグを使用して、最新のモデルのデータシートを実装することができます。

これらの新しい Azure Machine Learning とオープンソースのツールキットのイノベーションは、数十年にわたる研究に基づいて構築されており、責任を持って AI ソリューションを開発するための包括的な 1 つの機能セットを組織に提供します。

詳細情報

  • Azure Machine Learning
  • Features